2016年5月、DELE B1(中級)を受検し、合格しました。 DELEの受験は、2012年11月にA2を受験したのが最初、今回が二度目でした。 (A2の合格体験記はこちら

DELEはスペイン文部省認定のスペイン語能力試験で、下からA1、A2、B1、B2、C1、C2の六段階に分かれています。 日本で受験できるのは5月、8月、11月の年に三回で、一度に複数の級の併願はできません。

以下は、ネット上で確認したわたしの得点です。 合格ラインは100点満点換算で60点、わたしの得点は80.32点でした(読解・作文36.77点+リスニング・口頭試験43.55点)。

DELEは、グループ1(読解+作文)、グループ2(リスニング+口頭試験)でそれぞれ30点以上取らないと、 全体で60点取れていても、合格できません。 全体の点数はまあまあでしたが、それは満点近い口答試験が引き上げてくれた結果であり、 下の表でお分かりの通り、科目別に見ると、ちょっと心もとない科目(作文)もあります。

合格点



  1. 当日の様子
  2. 読解・リスニング
  3. 作文
  4. 口頭試験
  5. 試験対策について

当日の様子

まずは当日の時間割から。

ちなみに読解と聴解(リスニング)はつながっており、退出は不可でした。

読解、リスニング、作文の受検会場は東海大学代々木校舎4号館でした。 上智大学じゃなくて残念。せっかく前回(A2受験時)、女子トイレの位置を学習したのに。 でもここ、女子トイレがたくさんあってよかったです。 おかげでトイレが全然混みませんでした。

但し、井の頭線からも小田急線からも地下鉄の駅からも、どこから歩いても10分かかるという陸の孤島みたいな立地。 しかも口頭試験の行なわれる麹町のセルバンテス文化センターへは、どう行っても二回は乗り換えがあるという・・・(汗)。

・・・ま、口頭試験が別日だったわたしには、結果として関係なかったんですけど!

でも当日だと思っていたので、一番安くて(←ここ重要)且つラクな経路を30分かけて調べ、代々木公園駅から麹町まで二度乗り換えてたどり着き、2時間待った挙句、受付したら、口頭試験は翌日と判明したという・・・(汗)。

受付の方には、「逆でなくてよかったですね。明日だと思ったら今日だったというのではなくて」と慰められました。 確かに不幸中の幸いだったと言えよう。

みなさん、わたしの二の舞にならないよう、くれぐれも試験日時はよく確かめよう!

受験者数は、詳しくは覚えていませんが、B1の受験者用教室が二つあって、全部で百数十人だったと思います(大雑把^^;)。

受験者層は見事に若者ばかり。同世代は見かけませんでした(寂)。

「中高年友の会」通訳案内士は言うに及ばず、西検も3級はけっこう中高年がいましたが、DELE B1は若者の牙城。 級が上がっても、この状況は変わらないんだろうか?

もしかして、リスニングがあるせいかも。 よく考えたら、中高年友の会(通訳案内士)はリスニングがないんですね。 西検3級にもない。だからこの二つは中高年受験者が多いのかも。

中高年はリスニングがあると、受験を敬遠するのかもしれません。 わたしもリスニング、すっっっっごくイヤですもの。 一般に考えられているほど「語学は若くないと」とは思いませんが、発音とリスニングに関しては、やはりハンデを感じます。

今回も、試験を待っている間に、周りの若い女性が「問題は作文よね」と話しているのを聞いて、「えっ?!」と思いました。 わたしはとにかくリスニングが心配だったので。 若者にとってはあのリスニングは問題じゃないんだー。なんて羨ましい・・・。

ちなみに男女比は、女性のほうが男性より若干多いかな?くらいの感じでした。

読解・リスニング

読解とリスニングは、時間は分かれていますが、冊子は同一で、A2のとき同様、読解の時間にリスニングの予習ができました。 つまり、選択肢を読んでおくことができた。

今回は、読解の70分のうち最後の5分間を、リスニングの予習にあてました。 実はその時点で読解を全部解き終えてはいなかったのですが、気持ちが焦っていてまともに長文が読める精神状態ではなかったので、敢えて読解を切り、リスニングの予習を優先させました。

読解は割と得意で、あまり心配していなかったのですが、今回まさかの大ブレーキ。 最初の大問で混乱し、時間を食ってしまったのです。 逆にリスニングは、合格点を割ることもあったので、本当ーーーーに不安でしたが、本番では、先に選択肢が読めたおかげで、気分的にだいぶラクでした。

あ、そうだ。ちなみに今回は、試験問題が一色刷でした。 数年前までカラー印刷だったのに。 二色刷ですらなく、いきなりモノクロ。やっぱりスペイン、経済状況が厳しいのかなあ?

ま、別に一色刷で全然オッケーですが。 そんなところに無駄に金をかけているようではスペイン、経済危機から立ち直れまいて。

作文

A2のときと同様、作文は2問課されました。但し、制限時間も字数もA2より多かったです。

今回与えられたテーマは、以下の二つでした(原文は全てスペイン語)。

1、パーティと最終試験に関する相談メールへの返信(100−120語)。 但し、以下の要件を満たすこと。

  1. 挨拶
  2. パーティを忘れてはいないと表明
  3. パーティの場所、時間、内容の提案
  4. 最終試験について、相手の悩みの解決方法を提示
  5. 最後の挨拶
 

わたしが書いた内容は以下の通りです。(102語)

Hola ¿qué tal?, Gracias por tu mensaje. No te preocupes, me acuerdo de la fiesta. Pienso que sería mejor celebrarla desde las 11:00 de la mañana en la sala de la universidad y comer juntos. ¿Por qué no pedimos que cada uno traiga algo de comer o beber?, porque cuesta pocomenos ende esta manera. Podemos preparar unos juegos para disfrutar. Voy a ocupármelos. En cuanto a los examenes, estoy estudiando poco a poco pero no puedo concentrarme tampoco. Si tú quieres, ¿por qué no vamos a la bibloteca y estudiamos juntos? Allí podremos aprovechar la tranquilidad. un beso, Usagi

(訳):やっほー、元気? メールありがとう。でも心配しないで。パーティのこと、ちゃんと覚えているから。 午前11時から大学のホールで開き、昼食を一緒に食べる感じにしたらいいと思うわ。食べ物飲み物は持ち寄りにしない? そのほうが安く上がるし。お楽しみにゲームを用意するといいかもね。そこはわたしに任せて。 試験についてだけど、わたしも少しずつ準備を進めてはいるけど、集中できなくって。もしよかったら、図書館へ行って一緒に勉強しない? あそこなら静かだから。 ではでは〜。 うさぎ

2、以下の二つの課題から一つを選択: (130-150語)

■ 最初に就いた仕事について

  1. 仕事の内容
  2. 仕事を始めた時期
  3. その仕事についていた期間
  4. その仕事の利点
  5. その仕事の欠点
  6. エピソードを一つ

■ 大学生活の改善点 (選択しなかったので、詳しい要件は記憶になし)  

Empecé a trabajar cuando era joven. Trabajaba como dependiente de una tienda de ropa porque me gustaba mucho el estilo de esa tienda y quería recomendarlo a otras personas. Estuve trabajando allí por 4 años hasta que me casé. Mis compañeras eran chicas jóvenes como yo. Nos llevóbamos muy bien. Ellas eran muy elegantes y me aconsejaban sobre mi ropa. Las clientes eran mis amigas también. Me gustaba mucho darles consejos sobre la moda. El jefe era también muy amable. Me ponía triste sólo cuando nuestros productos no se vendían bien. Una vez organizamos una fiesta decon las compañeras después de una rebaja. Es que durante de las rebajas, estóbamos muy ocupadas así que después podíamos tener unos días de descanso. En la fiesta, ¡nos convertimos en modelos! En esa época, nos ocupóbamos en la moda. (152語)

(訳):若い頃に仕事を始めました。 あるブティックの店員として働いていました。 その店のスタイルがとても好きで、他の人にも勧めたかったからです。 結婚するまで4年間、そこで働いていました。 同僚もわたしと同様、若い女の子でした。仲は良かったです。 みんなお洒落で、着こなしに関してよくアドバイスをくれました。 お客さんとも友達。お客さんにファッションアドバイスするのが好きでした。 上司も親切。落ち込むのは、店の商品があまり売れないときだけでした。 一度、バーゲンセールの後、店員同士のパーティを企画したことがあります。 バーゲン期間中は忙しいので、それが終わると、2、3日休みがもらえたんです。 パーティではみんなモデルに大変身! 当時はファッションのことで頭がいっぱいでしたね。

・・・こんな感じに書きました。わりあい忠実に再現できていると思います。 人から聞いたこと、読んだことはすぐ忘れますが、自分が言ったこと、書いたことって意外と忠実に覚えているんですよねー。

自分で言うのもナンですが、いずれも、細かいミス(赤字)はあるものの、まあまあよく書けたんじゃないかと思います。

但し。 2つ目の作文、ワード数が、指定より2語多い・・・!!

実は、スカイプレッスンのどの先生にも、「語数は絶対に守れ」と口をすっぱくして言われていたんですね。 だから最初は、下書きの紙に1行10コの升目を書き、ひとマスに一語ずつ埋めていって、書き終えたらそれを解答用紙に清書する、という作戦を考えたのですが、 下書きに書くと、細かいところが気になって、推敲してしまうんですね。 で、推敲しているうちに時間が足りなくなってしまう。

そこで試験直前は、おおよそ一行に10ワードと決め、ぶっつけで清書用の紙に書くことにしました。 その頃には100語、150語っておよそどれくらいの分量かが感覚的に分かってきて、綿密に数えなくてもパソコンに打ち込んで語数数えにかけると、多すぎず少なすぎず、ちゃんと指定の語数に収まっていた。これには自分でも感心しました。

だから当日もそうしたんだけど・・・。 やっぱりちゃんと数えないとダメですね。

作文の点数が芳しくなかったのは、語数を守らなかったせいかも知れません。 語数が守れなかったら即失格、というほど厳しくなかったのは幸いでしたが、 これから受ける皆様方には、語数はストリクトに守ることを、お勧めいたします。

しかし、語数厳守とか、意外と細かいなあ、スペイン人!

ちなみに、1つ目の作文はもとより、2番目も内容はウソ八百です。空想。創作。

作文は創作すると最初から決めていました。本当の体験を書くのは難しいので。 だって本当の体験って、説明が難しい場合があるし、なのに本当のことだと思うと、なぜか正確に描写したくなる。 本当にあったことに一部分ウソを混ぜるのって後ろめたいじゃないですか。だから最初から架空の設定にしました。

空想なら、要件に当てはまるよう、適当にでっち上げ、知らないボキャを避けて、自由に創作できる。 だからこの手の作文は絶対、空想に限ると思います。

ちなみにDELEの作文ってボールペンで書くのですが、修正テープ持込可でした。

口述試験

口頭試験は、麹町のセルバンテス文化センターで行なわれました。

口述試験には4つの課題があり、

  1. プレゼン(2〜3分)
  2. プレゼンに関する質問(3〜4分)
  3. 写真描写(1〜2分)・それに関する質問
  4. ロールプレイ(2〜3分)

入退室まで含め、全体で約15分くらい。

その前に、15分の準備時間がありました。 これはプレゼン準備ための持ち時間。 3人ずつ一つの部屋に入り、3つある席の好きなところにそれぞれ座り、目の前のテーブルに置かれた2枚のテーマカードのうちから1枚を選んで準備するようになっていました。

おそらく、人によって2つの選択肢は違うと思われます。 3箇所それぞれ、置かれているカードの色が違っていました。 色がかぶっているものもあったので、おそらくテーマは4つくらいと思われます。

わたしに与えられた選択肢は以下の二つでした。 (原文はすべてスペイン語)

1.実現したい旅行について

  1. どこへ行きたいか。その理由は?
  2. いつ頃実現したいか
  3. どれくらい滞在したいか
  4. 交通手段は何か
  5. 誰と行きたいか。その理由は?
  6. どんなところに泊まりたいか
  7. そこで何をしたいか

   

2.あなたにとって大事な人について    (選ばなかったので、詳細は覚えていない)  

       

この準備時間の15分間は、紙とエンピツを渡され、構想をメモすることができます。 また、プレゼン中、チラチラとメモを見てもいいようです(※但し、丸読みはダメ)。 これはラクでした。

わたしはプレゼンって本当に苦手で、メモを全然見ないか、完全にメモを読んでしまうか、どっちかになってしまうのですが、今回は割とうまく行きました。 文を書かず、キーワードのみ(それもほとんど日本語)をメモしたのが良かったと思います。 ミスもありましたが、わりあい落ち着いて面接官の顔を見ながら話せました。

以下はわたしのプレゼンの内容です。

Me gustaría ir a Guatemala en el futuro cercano porque allí viven mis maestros que me enseñaron el español por el skype. Tengo que ir allí en avión porque esestá muy lejos de Japón. Me gustaría viajar con mi esposo porque dicen que Guatemala no es un país muy seguro. Me gustaría alojarme en un hostal pequeño durante una semana por lo menos. Es que prefiero los hostales particulares de ese lugar a los hoteles famosos. Allí, me gustaría visitar las ruinas mayas por supuesto, y encontrar a mis maestros guatemaltecos. Ojalá que mi viaje se realizen pronto.

(訳):近い将来、グアテマラに行きたいです。スカイプでスペイン語を教えてくれた先生方が住んでいるからです。 グアテマラへは飛行機で行かなくてはなりません。日本からはとても遠いので。 グアテマラはあまり安全な国ではないそうなので、夫と一緒に行きたいです。 小さなオスタルに泊まりたいです。有名なホテルより、その地域特有のオスタルのほうが好きなんです。 グアテマラではもちろん、マヤの遺跡を訪れたいです。そしてグアテマラの先生方に会いたいです。 早く実現するといいなあ。

プレゼンに関する質疑応答は、あまりよくおぼえていないのですが、以下のような感じだったと思います。

質問 旅行にはどれくらい行きますか

回答 Voy de vacaciones sólo una vez durante una semana por el año.(年に一度、一週間だけ)

質問 旅行先ではアクティブに動くほうですか、休むほうですか

回答 Me gusta descansar más.(休むほうが好きです)

質問 それはなぜですか

回答 Porque soy fragil, Me pongo cansada facilmente.(ひ弱で、すぐに疲れてしまうからです)

・・・エート、他にも何か聞かれたかな? よく覚えてません。プレゼンという大役を果たしてホッとし、すっかり抜け殻になっていたので(汗)。

写真描写は2枚の写真から、その場で一枚選ばされました。

電車に4人の西洋人ビジネスマンが乗っている写真を選びました。 もう一つは、ホテルのレセプションで女性客がチェックイン(もしくはチェックアウト)している写真でした。

あとから考えると、絶対ホテルのほうを選ぶべきだったと思います。 電車の写真は、描写を始めてから、難しいことに気づきました。

ちなみに要件は、以下の通り。(原文はすべてスペイン語)

  1. これはどこか
  2. 彼らは誰か
  3. その関係性
  4. 彼らは何を考えているか
  5. 他にどんなモノがあるか

こんな感じに描写しました。

Hay cuatro protagonistas en esta foto. Ellos son compañeros de una companía. Todos los ellos llevan puestos los trajes. Uno de ellos tiene un móvil mientras que otro tiene un cuaderno. Me parece que estan pensando deen sus trabajos. Parece que están muy cansados después de largo trabajo. Están en un vagón del tren y hay otros personas allí. Unos de ellos son japoneses.

写真には4人の主役がいます。 彼らは会社の同僚です。 彼らはみなスーツを着ています。 一人は携帯を持っていて、他の一人はノートを手にしています。 彼らは仕事のことを考えているようです。 長時間の労働のあとで、疲れているようです。 彼らは電車の車両にいます。 そこには他の人々もいて、そのうちの何人かは日本人です。

・・・うーーーん。

描写には型があり、「どこ」「誰(容姿と服装)」「関係性」「周りにあるモノ」の4点は必ず言うことと 先生方に口をすっぱくして言われていたのに、服装は言ったものの、容姿が抜けてしまっている(汗)。 せめて性別くらいは言わないとねえ・・・。若い、ってことくらいはどこかで言った気もしますが。

とにかく、主役の4人以外にも人がいるのに焦ってしまったのです。

あと、「概略から始めて、だんだん細かい部分へ」と先生方にいつも言われいて、 先生の前で10回以上練習したのに、当日になると上がってしまい、なかなかうまくはいかないものです。

Hay ○○ personas en esta foto. Una de ellas es ○○ y otros son ○○. Están ○○endo en ○○...
 (この写真には○人の人がいます。そのうちの一人は○○で、他は○○です。彼らは○○で○○をしています)

という型を作っておいたのですが、これに当てはまらなくて困った。

今から思うと、以下のように始めるべきでした。

Hay muchas personas en tren. Unas de ellas son empleados occidentales jovenes. Son compañeros.....
(電車にたくさんの人が乗っています。そのうちの何人かは若い西洋人サラリーマンです。彼らは同僚です・・・)

ロールプレイは、以下のようなシチュエーションが与えられました。

<<<   index   >>>