2005年5月に学習を始め、 6月にフランス語検定5級に合格したあと、同年11月に4級をとばして3級を受検し、合格しました。 成績は94点(100点満点中)でした。

実は、仏検の4級と3級は、出題される文法の範囲がほとんど変わりません。 これは個人的な感触ですが、問題集をやった手ごたえも、4級と3級でほとんど変わりませんでした。

ただ、3級には単語のスペル、動詞の活用などを記述式で問う設問がありますので、 知識の正確さがより求められます。 4級は選択式ですから「なんとなくこんな感じ」でも正解できますが、 3級は、きちんと正確に書けないと点数に結びつかないのです。

そこでわたしは、4級を飛ばして3級を受けると決めてからは、 正確に覚えることを心がけました。 おかげさまで、14問あった記述式は本番の試験でも全部書けました。

トレーニングペーパー フランス語/教養課程文法中心学習(1)

3級を受けると決めたのは夏前でしたから、まだ11月の検定日まで時間がありました。 そこでわたしは、すぐさま仏検対策用の問題集に取り掛からず、これまで学んできたことの見直しをしようと思い、 トレーニングペーパー フランス語/教養課程文法中心学習(1)に取り組むことにしました。

「トレーニングペーパー(トレペ)」というものを一度でも使ったことのある方はお分かりだと思いますが、 要するにこれは、やたらボリュームのある、問題集というか、書き取りのような練習帳です。 普通の問題集と大きく異なるのは、1日分の分量が明確であること。 そのため学習ペースが作りやすいのが利点です。

とはいえ、その学習ペースが、やたらと速い・・・! 1日分が12ページから13ページあり、一文まるごと書かせる課題が、広い紙面にびっしりと並んでいます。 それに、新出単語が毎日20〜30! 一日の課題を終えるのに、猛スピードで休まず書いても1時間、普通にやると2時間はかかる分量で、 それが35日分あるのです。 これはもう、ほとんど「怒涛の教材」と言っても良いでしょう。 わたしは、これを一冊最後まで終えられた自分を、本当にエライと思います(笑)。

ここで思わず断言してしまうのですが、フランス語を始めたばかりの頃、この教材をやっていたら、 まず間違いなく自分は挫折していたと思います。 新しい単語を毎日20以上も覚えられるわけがない。 ここに出てくる単語のうち8割程度はすでにどこかで見たことがあったから、 なんとかこなしていかれたに過ぎません。

わたしが思うに、要するにこのトレペは、復習向きなのです。 最初から使うには、あまりにもペースが速すぎます。 ここで扱われている文法は、ほぼ5級の範囲に匹敵するので、 5級合格体験記でご紹介しようかとも思ったのですが、 はっきり言ってこの教材は、 はじめてフランス語を勉強される方にはオススメできない と思ったので、書きませんでした。 でも、基礎固めのダメ押し用としては、非常に良い教材だと思います。 初級の文法がしっかりと復習でき、その上、700もの単語が身につくのですから。

トレーニングペーパー フランス語/教養課程文法中心学習(1)

実はこれには続刊 (教養課程文法中心学習(2))があるのですが、 わたしもまだやっていません。 初版よりも第二版のほうが紙質が良いので、どうせなら続刊も紙質がよいものを、と思い、 第二版が出るのを待っている状態です。 粗悪な紙質では、とてもこなしていく自信がありませんから(笑)。 でも、紙質が良くなったら、続刊も必ず買おうと思っています (・・・というわけで、ニュートンプレスさん、ヨロシク!)。

またこの頃、トレペと平行して、簡単な絵本を2冊ほど読みました。 まず全文をワードに書き写し、A4の紙の左半分だけに印刷しました。 注釈をつけやすいよう、行間も多めにとり、 分からない単語を辞書でひいたり、動詞の活用形などのメモを行間や右側の空白に書いていきました。

新版 朝倉フランス基本単語集

3級受験ともなると、そろそろ単語集が欲しいところです。 単語集はたくさん出ていますが、わたしは、辞書のように引いて使えるものが欲しかったので、 迷わず 朝倉フランス基本単語集 を買いました。 仏検に出る頻度ではなく、実際にフランスで使用される頻度によって重要単語を 2400語選んで掲載してあるものです。 これはもう、ハンディでオシャレでシンプルで、大好き! 紙のカバーを外すと、金文字入りのダークグリーンのソフトカバーが現れます。 わたしは、これに透明のカバーをかけ、出かけるときいつもバッグの中に入れています。

知らない単語が出てきたとき、辞書より先にまずこの単語集をチェックし、アンダーラインをひきます。 今ではもう、半分近い単語の下にアンダーラインが引かれていて、 こんなにたくさんの単語をひいたんだなあと思うと、元気が出ます。

ケータイ「万能」フランス語文法

フランス語のABC

文法についての疑問がわいたときには、娘から借りた フランス語のABCや、 図書館で借りた ケータイ「万能」フランス語文法を参照しました。

文法書としてよく売れているこの2冊ですが、わたしの好みから言えば、 ケータイ「万能」フランス語文法 のほうがオススメです。 理由は、ケータイのほうが手になじみやすいからです。 辞書と同じ本のつくりになっていて、 細かく糸で綴られており、糊付けが固くないので本が曲げやすく、 机の上に開いたままにできます。 これはとても便利です。いつも手元に置いて、何かの都度に参照しようという気になります。

一方、最初から丹念に読んでいくには、ABCもよいと思います。 CDがついているし、練習問題あるので、一冊に絞って1からやるのに向いていると思います。 ABCは白水社、ケータイは駿河台出版社と、 それぞれフランス語学習関連で雌雄を争う出版社が出していますが、 面白いことに、白水社が出す本の文法解説はどれもみなABC、駿河台出版社の文法解説はケータイに似ています。 CDエクスプレス、朝倉基本単語集、フランス語のABCと、白水社の本にばかり囲まれていたわたしとって、 駿河台出版社のケータイ文法やあとから述べる完全予想シリーズは新鮮でした。 両方の出版社から出た本をとりまぜて持っていると、バランスがとれていいかもしれませんね。

さて、トレペが終わりかけた頃、わたしは南フランスで1週間ほど過ごしました。 現地ではなるべくフランス語を使おうと思ったのですが、気力が続いたのは最初の3日くらいで、 あとはほとんど英語で済ませてしまいました。 英語だってロクにできるわけではないのですが、 始めたばかりのフランス語に比べると、英語は本当にラクに感じました。

・・・というわけで、フランスに行ったことは、あまりフランス語の習得に役には立たなかったように思います。 でも、一応自分の喋ったフランス語が通じるという経験をしたので、 フランス語を続けるモチベーションにはなったかもしれません。

・・・とはいえ実は、フランスから帰ってきてからというもの、 なぜだか徹底的にサボってしまい、2ヶ月くらい、ほとんどフランス語を勉強しなかったのですが^^;。

完全予想 仏検4級

学習を再開したのは10月に入って、 完全予想 仏検4級 を購入してからでした。 これは、4級を受ける娘のために購入したものでしたので、解説も読まずにサラッと1度だけやりました。

また、それと平行して、以下のサイトで徹底的に動詞の活用形と、数字の聞き取りを繰り返し練習しました。 でも、こういうのはなかなか上達しないようですね。 反射的に答えが分かるようになるまでには、未だ程遠い状況です。

BIENVENUE 岩根久のホームページ
数字の聞き取り活用虎の穴が、絶対のオススメ!

新訂完全予想仏検3級 筆記問題編

完全予想仏検3級 聞きとり問題編

さて、4級の問題集を終えたあと、いよいよ本格的に3級の準備に入りました。 そろそろ11月の声が気こえてきた頃だったでしょうか(遅っ!)。

使用したのはやはり完全予想シリーズの、 3級筆記問題編と 同3級聞きとり問題編です。 このシリーズの利点は、大判で開きやすく、紙質がよくて文字がくっきり見えることです。 筆記編と聞き取り編の2冊を買うとけっこうな出費(4500円くらい)になるので一瞬躊躇しましたが、 いずれ娘も使うことになるだろうし、 3級の検定料4000円を考えて、ここで落ちては元もこうもないと思い、 購入に踏み切りました。

先にも書きましたが、この問題集の解説は、わたしにはとても新鮮でした。 書いてある内容自体は白水社の本と変わりませんが、なんとなくまとめ方が簡潔で、テキパキしているような感じを受けました。 これがとても分かりやすいと感じたので、更に分かりやすく、もっと簡便にまとめられないかと思って、 自分でノートを作ることにしました。

これはすごく良かったと思います。 自分なりに系統立ててシステマチックに理解することができたからです。

たとえば、わたしはそれまで、複合過去の活用は得意だと思っていたのですが、 問題集をやってみると、全然できない。 なぜかと考えてみましたら、細かいステップをちゃんと踏んでいなかったのですね。 複合過去形を作るには、助動詞を正しく選んだり、性数一致に気を配るといったいくつものプロセスがあり、 そのプロセスを意識してきちんと踏んでいかないと、正答には至らないのだということに気づいたのです。

そこで、きちんとした正しい複合過去形にするためのプロセスを一つづつ、くどいほど丁寧に書き、 そのプロセスを意識的に踏むようにしました (複合過去の作り方参照)。 すると、驚くほど正答率が上がりました。 単純未来形、半過去、条件法や接続法といったさまざまな活用も、それぞれ別々に覚えるのではなく、 一ページにまとめ、関連付けて覚えました(動詞活用表参照)。

11月に入ってからは割と真面目に、一日3〜4時間くらい勉強したでしょうか。 ノートを作ったり、正答率があまりに低い単元は何度かやり直したり、寄り道ばかりしていたので、 問題集はなかなか進みませんでしたが、本番3日前には一通り、やり終えることができました。

2回分ある模試は前日にやってみましたが、本番と同じくらいの出来でした。 ですから、模試の難易度は本番とだいたい同じくらいと考えてよいと思います。 4級の合格体験記にも書きましたが、 完全予想シリーズの良いところは、実際の検定試験に近い難易度で、無駄に難しくない ことだと思います。 問題集があまりに難しすぎると、挫折しがちなので、 これはとても良いことだと思います。 次回の2級対策も、また完全予想シリーズでいこうと思っています。 そして、また合格体験記が書けることを願っています。

仏検関連コンテンツ:

フランス語検定5級体験記
フランス語検定4級体験記
フランス語検定3級体験記
フランス語検定2級一次体験記
フランス語検定2級二次体験記
フランス語テキストレビュー(初級編)
フランス語テキストレビュー(中級編)

初稿:2005年11月28日
最終更新日:2017年8月25日

<<<   index   >>>