5年のブランクを経て、ドイツ語を再開するにあたって使用したテキストの一覧です。 再開した当初は見事に何も覚えていなかったので、なるべく簡単そうに見えるテキストから順に読み始めました。 入門書のみ、読んだ順に並べてあります。

緑字は、わたし自身の活用方法や感想、はお気に入り度。 が多いほど、気に入ったものです。 本の題名にはそれぞれアマゾンの該当ページへのリンクが貼ってあります。 そちらでも書評が読める場合があります。

入門書
絵で見るドイツ語 (スルーピクチャーズシリーズ)

★★★★☆

絵で見るドイツ語 (スルーピクチャーズシリーズ)

分厚い新書版。CD別売。IBCパブリッシング。 続編もあり。

ドイツ語しか書かれておらず、絵を見て単語の意味や文の成り立ちを推測する学習方式。 元が海外の本なので作りが雑で、誤植が多く、開きずらく文字は小さく、欠点だらけの本ですが、 ドイツ語をドイツ語で理解する醍醐味があり、わたしは好き。 練習問題がどっさりあって、続編を含め2冊やり終えるのはかなり大変。 他の本と並行して1カ月くらいかけて読みました。

CDエクスプレス ドイツ語

★★★★☆

CDエクスプレス ドイツ語

薄くて大きめ(A5判)。全20課。練習問題、CD付。二色刷。 巻末に単語集あり。白水社。絶版。

人気の語学シリーズ。 新版より 簡単そうだったので、こちらの旧版を先に読みました。 会話文は短くて繰り返しが多く、文法もサラッと。とはいえ初級文法を一通り網羅。 練習問題も平易。 とてもラクな気分で読めました。 CDもゆっくりと速めで二度読んでくれます。 ウィットに富んだ会話が、聞いてて楽しいCD。繰り返し聞きました。

カラー版 ドイツ語が面白いほど身につく本

★★★☆☆

カラー版 ドイツ語が面白いほど身につく本

分厚くて小さめ(B6判)。オールカラー。文法編・会話編など。CD付。中経出版。

文字が大きく、とっつきつきやすさナンバー1。 新しい言語を始めるときには、いつもこのシリーズから読み始めます。 しかもドイツ語編は贅沢にもオールカラー。 内容は、なんだかよくわからない世話話から始まり、 なんだ?なんだ?と思っているうちに、ドイツ語の雰囲気に自然に慣れました。 CDも聞きやすいスピード。

話すためのドイツ語入門

★★★★☆

話すためのドイツ語入門

薄くて大きめ(A5判)。全16課。練習問題多数、CD付。二色刷。白水社。

何冊か読んだあとだったせいか、「あれ、ドイツ語が読めるようになってる!」と嬉しい驚きを感じました。 ほとんどの課に会話文つき。 最初の課から最後の課まで、会話文の難易度に大差がないので、飽きずに繰り返し読んだり聞いたりできました。 CDはちょうどいいスピード。効果音つきで、声にも軽く感情がこもっていて抑揚があり、聞いてて楽しかったです。

ニューエクスプレス ドイツ語

★★★★☆

ニューエクスプレス ドイツ語

薄くて大きめ(A5判)。全20課。練習問題、CD付。二色刷。新書法対応。白水社。

人気語学シリーズの新版。ドイツ語を始めた当初は難しく感じ、「無理。まだ読めない」と思ったのに、 2、3冊読んでからこの本に戻って来てみたら、 あーら不思議、なぜ難しいと思ったんだろう?と思えるほど読みやすく感じられました。 初級文法を一通り網羅。 CDはけっこう速いです。

CDブック はじめてのドイツ語

★★★★★

CDブック はじめてのドイツ語

会話編全25課。資料編に文法解説、練習問題、イラスト単語集。 A5判。二色刷。CD2枚付(日本語入りと日本語なし)。ナツメ社。

最初の一冊に最適。 とっつきやすい本でありながら、初級文法が一通り学べる、バランスのとれた一冊。 これからドイツ語を始める人にどれか一冊と言われたら、迷わずこれを薦めます。 サンプル会話文の主人公が決っているので、統一感がありました。 文字が大きく、会話文が平易。 練習問題も穴埋めが多くてラク。

ゼロから話せるドイツ語―会話中心

★★★★☆

ゼロから話せるドイツ語―会話中心

会話編全20課。A5判。二色刷。文法解説もあり。巻末にイラスト単語集あり。CD付。三修社。

最初の一冊に適した一冊。 わたしは読む時期を間違えました。 会話文は一課につき4文程度、時制は現在形のみ。 関係代名詞や比較級などは出てこず、練習問題もなし。 でも文法事項を絞った分、解説が丁寧。 たとえばins Kinoとzum Kinoの違いなどが分かりました。

CD付き フリーウェイドイツ語

★★★★☆

CD付き フリーウェイドイツ語

薄くて大きめ(A5判)。全30課。旧書法。練習問題、CD付。二色刷。 ナツメ社。絶版。

会話文が30課全部、続き物になっているので、楽しく読めました。 1課からしてドラマチックで、最後の課でも難しすぎないところがいい。 一通りの初級文法が学べますが、雰囲気はソフト。 字が大きく、練習問題が平易で、コラムが楽しく、イラストがかわいい、お気に入りの一冊。 CDはゆっくりと速めの二度。ちょっと抑揚に欠けるのが残念。

CD BOOK はじめてのドイツ語

★★★★☆

CD BOOK はじめてのドイツ語

分厚くて小さめ(B6判)。二色刷。CD付。明日香出版社。

文字が大きく、読みやすい入門書。文法説明は限定的。 巻末に収録されている5編の物語のみチャレンジングな難易度でしたが、 ドイツ語に慣れてきた頃読んだので、ちょうどよかったです。 笑い話やコロンブスの卵の話など。面白かった〜! CDにも朗読が収録されていて、ゆっくりなスピードで読んでくれます。

ドイツ語のスタートライン

★★★★☆

ドイツ語のスタートライン

全48課。練習問題。A5判。二色刷。CD付。三修社。

サンプル文に物語が多く、会話文にもオチがあって(ちょっとヘンなのもあるけど)、楽しく読めました。 動物モノが多く、かわいい^^。難易度は若干高めかな。 CDも抑揚たっぷりで、聞いていて楽しかった。 難点は、課ごとの構成がまちまちなので、必要なページを探すのが困難なこと。 サンプル文のページだけコピーし、CDを聴きながら繰り返し読みました。

NHKCDブック 気軽に学ぶドイツ語

★★★★★

NHKCDブック 気軽に学ぶドイツ語

全52課。練習問題。B6判。二色刷。CD付。NHK出版。絶版。

会話文は、日本人ビジネスマンが列車の中で出会う人々との会話。 丸一日かけて地図を見ながら読みました。 登場人物の個性や主張がはっきりしていて、面白かった〜! 一課あたりの文章量が多い上に、それが52話。 内容も、歴史・世相など多岐にわたり、難易度は高め。

ドイツ語ステップアップ

★★★★☆

ドイツ語ステップアップ

大判(B5判)。二色刷。CD付。全22課。各課に練習問題つき。郁文堂。

余白が多く、すっきりしていて読みやすいテキスト。イラストも多め。 但し、見た目薄い割に、意外とボリュームがあり、 内容も意外と難易度が高く、5年前は、買ってはみたものの、途中で挫折。 今回はなんとか読み終えましたが、何度も中断しては、また読み始め・・・の繰り返し。 一冊読み終えるのはけっこう大変でした。

NHK新ドイツ語入門―Mit Pipo Deutsch lernen!

★★★★★

NHK新ドイツ語入門―Mit Pipo Deutsch lernen!

全50課。練習問題あり。A5判。一色刷。CD付。日本放送出版協会。糸とじ製本。

一年間のテレビ放送の内容がまとまった、大〜好きな一冊。 会話文は50課にわたって、火星の王子ピポとドイツの少女ティナの物語「ピポの大冒険!」。 さし絵はパペットの写真。 練習問題までピポ&ティナモード。 CDも、ティナとピポは子どもの声。効果音もあって、カワイさ満点^^。 でも内容はきっちりしっかり。文法説明が細かいところまで丁寧で、かなりの読み応えでした。

NHK CDブック―からだで覚える実践ドイツ語

★★★★★

NHK CDブック―からだで覚える実践ドイツ語

全75課。練習問題。A5判。一色刷。CD付。日本放送出版協会。

半年間ラジオで放送された内容がまとまった一冊。 会話文は全課に渡り、天然なおばあちゃんギゼラと気弱な若者ゲンの珍道中「ゲンのバイオリン」。 地図を見ながら聞きました。 内容の難易度は高めで、かなりのボリューム。 CDは速い。 聴き取りトレーニングがあり、これはすごく良かった。 話の中から知りたい情報をキャッチする練習になりました。

関口・新ドイツ語の基礎 CD付 復刻版

★★★☆☆

関口・新ドイツ語の基礎 CD付 復刻版

A5判。一色刷。CD付。三修社。

入門書にしては難しく、文法書にしては解説が懇切丁寧な本。根気のある人向け。 根気のないわたしはドイツ語の例文だけ読みました。 講義調の日本語の説明は非常に詳しく、好き嫌いの分かれるところかな、と思います。 同じ著者には3分冊の大ドイツ語講座があり、こちらは更に詳しい。 あまりの超大作に、わたしは上巻の途中で早くも挫折^^;。

文法解説書
必携ドイツ文法総まとめ

★★★★★

必携ドイツ文法総まとめ

薄くて小さめ(B6判)。二色刷。糸とじ製本。白水社。

わたし的に、文法書のイチオシ。 7、8冊読み比べた中で、知りたいことが一番きちんと書かれていたのがこの本でした。 品詞別の構成、関連事項へのガイドもあり、どこに何が書いてあるかが探しやすい。 軽くてハンディなのに、細かいことまでちゃんと載っていて、頼りになる一冊。 ただ、わたしには文字が小さすぎるので、A5に拡大コピーして使っています。

素朴なぎもんからわかるドイツ文法

★★★★☆

素朴なぎもんからわかるドイツ文法

A5判。二色刷。練習問題つき。CD付。郁文堂。

最初にお世話になった文法解説書。文法に特化したテキストの中では、わたしが手にしたうしで一番とっつきやすい本でした。 余白が多く、文字が大きめ、紙面構成がきれいなので、読んでいて楽しかったです。 説明も、あっさりしすぎず、くどすぎず、ちょうどいい感じ。 初級文法が楽しく学べました。

基礎ドイツ語 文法ハンドブック

★★★★☆

基礎ドイツ語 文法ハンドブック

A5判。一色刷。三修社。

あれ?と思ったとき、よく参照していました。 一見、一色刷で地味な本ですが、細かい内容まで扱っている割に、意外と読みやすい。 動詞の活用形のタイプ分けなど、他の本にない内容もちょこちょこ。 ただ格変化表が1・4・3・2格の順に書かれているのは、なるほどと思う半面、慣れないときつい;;

英語でわかるドイツ語入門

★★★★☆

英語でわかるドイツ語入門

B6判。英語を対照して書かれた文法解説書。練習問題あり。一色刷。CD付。第三書房。

すべての独文に和訳のみならず、英訳がついています。 英語とドイツ語は語彙も文法もよく似ているので、どこが同じでどこが違うか、よーく見比べることで、 ドイツ語の特徴がよくわかりました。 日本語の解説は少なめなので、「人に教えてもらう」より、「自分で分かりたい」人向け。

新正書法版 表でわかるドイツ文法ノート

★★★★☆

新正書法版 表でわかるドイツ文法ノート

新書版。糸とじ製本。第三書房。

一冊まるごと、表ばっかり!! ドイツ語ってこんなに覚えるべき活用が多いのか、と一見ショックですが、 普通の文法書が「ひとつひとつ覚えてね」と突き放してしまいがちな 名詞の性や複数形のタイプの傾向が細かに分類されているので便利。

詳解ドイツ語文法

★★★★☆

詳解ドイツ語文法

大きくて分厚いハードカバー(A5判)。新書法対応。糸とじ製本。大修館書店。2006年刊。

ハードカバーの立派な本。 糸とじなので開きやすく、机の上に開いたままにしておけるのが便利。 余白が多めで読みやすく、用例も豊富。 品詞ごとにまとまって書かれているので、参照したい項目が探しやすく、引いて使える文法書。 まだ全部読んではいませんが、手元に置いておくと便利そうだなあと思って狙っている一冊。

リスニング対策
ドイツ語聴き取りトレーニング

★★★★★

ドイツ語聴き取りトレーニング

A5判。CDつき。三修社。2001年刊。

一冊まるごとリスニング対策。 とくに独検対策用というわけではないようですが、テスト対策的なコツも豊富。 ワークブック形式なので、コピーをとり、そこに答えを書き込んで使いました。 簡単な問題もあれば、かなり難しい問題もあり、平均すると2級対策くらいのレベル。 一冊終えるのに15時間くらい。ちょうどいいボリュームの使いやすい本でした。

CDで学ぶドイツ語入門

★★★★☆

CDで学ぶドイツ語入門

A5判。CDつき。白水社。2006年刊。

タイトルに「入門」とありますが、2級対策にちょうどいいくらいの難易度。 聞きとり問題満載で、ゲームみたいな問題も多く、難しいけれど楽しかったです。 数字の聞き取りなど繰り返しやり、おかげで数字は少し聞き取れるようになったかも。 リスニング問題に絞ってやり、さらに「絶対無理っ!」な問題は飛ばして ひととおり終えるのに10時間くらいでした。

検定問題集
独検過去問題集〈2級・準1級・1級〉 2011年版

★★★★★

独検過去問題集〈2級・準1級・1級〉 2012年版

A5判。CD2枚つき。郁文堂。2012年刊。2011年度の問題(2級2回分+1級+準1級)を収録。

難易度と時間配分を占いたくて、 わたしは2011年版2010年版を購入。 高かった・・・;; なぜ年度ごとに縦割りで出版? 級ごとにまとめて出して欲しいんですけど〜! ただ、さすがに解説は素晴らしかったです。 なぜこの選択肢が正解なのか、なぜ他の選択肢ではダメなのかが、きちんと書いてありました。 文字が小さいので、問題ページのみ拡大コピーをとって使用。

独検合格らくらく30日 4級

★★★★★

独検対策2級新問題集

薄くて大きめ(A5判)。CDつき。白水社。2008年に新設された新2級対応。2011年刊。

新2級向けの問題集は、2011年現在 これと「らくらく30日2級」の二種類のみ。 解説が丁寧で、難易度が適切なのがよかったです。 ただ過去問題からの引用が多く、別に購入した過去問題集とかぶってしまったのが誤算でした。 また、単元別の問題以外に、本番と同じ形式の模擬試験があるといいのに。 時間配分を決めたいので。

独検合格らくらく30日 4級

★★☆☆☆

独検合格らくらく30日 3級

薄くて大きめ(A5判)。巻末に「3級必須単語集1000」あり。CDつき。郁文堂。

3級対策にしては難しすぎる気が・・・。 実際、同シリーズの2級編とかぶっている問題も。 特にリスニング。そんなのできるわけないじゃん、な問題が続出! また、解説が非常に簡素で、全訳もついていないので、なぜその答えになるのかがよくわからない。 検定対策本としてどうなのよ・・・と思いつつ、すぐ終わるので肩慣らしに3回やりました^^。

独検合格らくらく30日 4級

★★★★★

独検合格らくらく30日 4級

薄くて大きめ(A5判)。巻末に「4級必須単語集500」あり。CDつき。郁文堂。

4級受験の際、巻末の単語集が決め手で選んだ独検対策問題集。 検定対策問題集でありながら、「ひょっとしてドイツ語って面白いのでは?!」と思わせてくれました。 ちょっとした説明が秀逸。 たとえば、否定の打ち消しである「doch」を、「どっこい」と訳していたのには膝を打ちました。 電話を切るときの挨拶「またお耳にかかりましょう」という訳も、一生忘れないと思う^^。

ドイツ語辞書
アクセス独和辞典 第3版

★★★★★

アクセス独和辞典 第3版

独和辞典。見出し数:7万3500語。そのうち1500語は大見出し、次の5000語は赤見出しの3段階。 二色刷り。三修社。

「とにかく使いやすい学習辞書のトップランナー」と帯にありますが、全くそのとおり。 こんなに語数があるのに、単語が探しやすく読みやすく、言うことなし。 同義語・反意語・類義語・参考英単語など、かゆい所に手が届く素晴らしい辞書。 巻末の文法概説・ミニ和独も便利。 それまで持っていた辞書を捨て、これに買い換えました。 絶対のオススメ。

単語集
例文活用 ドイツ重要単語4000

★★★★★

例文活用 ドイツ重要単語4000

単語数:約4000(アルファベット配列約2000、テーマ別約2000)。二色刷。新書版。糸とじ製本。白水社。 アルファベット配列では、すべての単語に例文つき。

超・愛用の単語集。 見やすく、軽く、コンパクト。糸とじ製本なので開きやすく、いつも持ち歩いていました。 アルファベット配列編は、ミニ辞書がわり。 名詞の性を色分けしてアンダーラインをひいたり、 反意語・同義語や、載っていない単語をギッシリ余白に書き足してあります。 自分なりのドイツ語が詰まった、わたしの宝物。

ドイツ語表現ファイル―文で覚えるドイツ語単語

★★★★★

ドイツ語表現ファイル―文で覚えるドイツ語単語

単語数:約2200。一色刷。B6版。三修社。 対話形式のドイツ語文240と、そこに含まれる単語および関連単語を紹介。

使い出がありそうな対話形式の文になっていて、反意語や関連語句がまとまっているので頭に残りやすかったです。 CDはドイツ語で対話文が読まれるだけのシンプルさなので、テンポが作りやすく、淡々と聞けました。

英語から覚えるドイツ語単語

★★★★★

英語から覚えるドイツ語単語

ドイツ語・英語の対照など、単語の成り立ちごとに整理された単語集。単語数:約2200、一色刷。新書版。創拓社。

英語との対照のみならず、動詞の名詞化・名詞の形容詞化パターンなど別に整理されていて、 なにかとてもすがすがしい単語集。 思わず読みたくなる一冊。 唯一残念なのは、名詞の複数形が書かれていないこと。 自分で調べて余白に記入しました。

読みもの
Das grosse Buch von Frosch und Kroete

★★★★★

Das grosse Buch von Frosch und Kroete

アーノルド・ロベル作「ふたりはいっしょ」のドイツ語訳。 かえるとがまがえるの二人の友情物語。20話収録。一話につき400語程度。

わたしが大〜好きな童話。 英語の原作では主人公は二人ともhe(オス)ですが、ドイツ語では単語の性につられてerとsieになっていて、 なんだか雰囲気が違い、楽しめました。 童話ですが、大人が読んでも面白い不朽の名作。 日本の教科書にも掲載されています。 別売の朗読CD (春夏編秋冬編) は速め。最初はiPodのオーディオブックで0.5倍速にして聞いていました。

Heidi

★★★★★

Heidi

ヨハンナ・シュピリ作「ハイジ」の簡約。 両親のいないハイジは、おじいさんとアルプスの山に住むことになり・・・。 基本語彙400語レベル(A1)。総語数約5000語。

短く平易にまとまっていますが、アルプスでの暮らしの描写が丁寧。 焼いたチーズとか、すごくおいしそう! 原書もいつか読んでみたいです。 難しめの単語には欄外に注釈つき。

Lenchens Geheimnis

★★★★★

Lenchens Geheimnis

ミヒャエル・エンデ作「レンヒェンの秘密」の簡約。 両親に要求を聞いてもらいたいレンヒェンは、アドバイスを求めて妖精を探します。 基本語彙600語レベル(A2)。総語数約6000語。

簡約ですが、原書との違いはさし絵以外、わずか。 難しめの単語には欄外に注釈(平易な単語で説明してある)があるので、読みやすいです。

Das doppelte Lottchen

★★★★★

Das doppelte Lottchen

ケストナー作「ふたりのロッテ」の簡約。 サマーキャンプでルイーズは、自分にそっくりな女の子ロッテに出会います。 基本語彙600語レベル(A2)。総語数約7000語。

見た目そっくりな二人の性格の違い、育った環境の違いが面白かったです。 いずれ原書も読んでみたいです。 難しめの単語には欄外に注釈つき。

Till Eulenspiegel

★★★★★

Till Eulenspiegel

ドイツに伝わる民話「ティル・オイレンシュピーゲル」。 生まれたてで一日に3回の洗礼を受け、死んでなお、人びとに話題を提供し続けた男のエピソード集。 基本語彙600語レベル(A2)。総語数約5000語。

賢いんだかバカなんだかよくわからない道化男ティル。 中世ドイツの雰囲気も楽しめました。 エピソードの一つ一つは短いので、気楽に読めました。 難しめの単語には図解もしくは注釈つき。

Eine Liebesgeschichte - Buch MIT CD

★★★★☆

Eine Liebesgeschichte - Buch MIT CD

ジェニーに恋する、ちょっぴりドジな男デズーのお話。 ドイツ語学習者のためのグレーデッドリーダーズレベルA1。総語数約2000語。

付属CDで聞いてから本で読みました。 クリアな発音で、そんなに速くはないのですが、やっぱり本なしで聞きとるのは難しい・・・。 本はオールカラーで、きれいな写真満載。 微妙なところで話が終わっているので、続きがあるなら読みたい。

Der Tote Im See

★★★☆☆

Der Tote Im See

パオラはお母さんのサングラスを無断で持ち出し、海水浴へ行ってしまう。 そのおかげで大変なことに! ドイツ語学習者のためのグレーデッドリーダーズレベルA2。総語数約4000語。

CDつきで700円台は安い!と思い、購入。 タイトルと表紙のイメージから本格推理物を期待したのですが、 実は高校生のラブストーリーでした(笑)。 オールカラー。さし絵多数。 CDは、ゆっくりではありませんが、発音はクリア。

初稿:2011年12月18日
最終更新日:2011年12月18日

<<<   index   >>>