Magic Tree House マジックツリーハウス

マジック・ツリー・ハウスの29巻以降はマーリン・ミッションと呼ばれるシリーズです。 (28巻までについてはこちら)。 ペーパーバックの表紙もエンボス加工や金やラメが入っていてきれいです。 シールがおまけについてくることも。 楽しくコレクションして表紙を眺めています(笑)。

一冊につき5000〜6000語くらいだった28巻までと比べ、29巻からは倍の長さになり、 最初は読み切れるかどうか不安でしたが、すぐに慣れました。 ページ数が多い分、28巻までよりストーリーにひねりがあり、状況説明もきめ細やかで、 読み終えたとき充実感があります。

CDで聞いてから読む、もしくは本とCDを同時に聞き読みする場合が多いです。 特に30巻と42巻は、音で聞くのがオススメ。読むのとはまた違った楽しさが味わえます。

また、特に気に入った巻を 日本語訳フランス語訳ドイツ語訳と読み比べたりするのも楽しいです。 原作にない脚色が入っていることもあるし、それぞれみな違う挿し絵を見比べたりして、マニアックに楽しんでいます。

本の内容レベル
語数
Christmas in Camelot

★★★★★

Christmas in Camelot

冬の夕暮れ、ジャックとアニーのもとにキャメロットからクリスマスの招待状が届く。 行ってみるとそこは・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」29巻目。 アーサー王伝説を下敷きにした素敵な巻。ファンタジーの要素が一通り揃っています。 本の表紙も金文字入り。 いままでの巻より長いけれど、難しくはありませんでした。 別売CDの音楽も素敵。

MTH
(Y3.2)

11092
Haunted Castle on Hallow's Eve

★★★★★

Haunted Castle on Hallow's Eve

ハロウィーンの扮装を考えるジャックとアニーのもとに知らせが届き、見習い魔術師とともに、二人は幽霊城へ行くことに?!

「マジック・ツリー・ハウス」30巻目。 これは別売CD(29〜32巻を収録)で聴くのがオススメ! いつもより朗読が速く、難しめでしたが、 間のとりかた、声音の使い分け、ハロウィンぽい音楽や魔法の呪文、ヘンなカラス語(?)など、音ならではの楽しさが満載でした。

MTH
(Y3.2)

10737
Summer of the Sea Serpent

★★★★★

Summer of the Sea Serpent

夏至の日、海から離れた森にかもめがやってきて、ジャックとアニーは光の剣を探しにまた新たな冒険の旅へ・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」31巻目。 CDで聴いてから読みました。 歴史探訪的な28巻までに対し、29巻以降はどっぷりファンタジー。 ケルト神話がベース。 自分が思い描いたイメージと本の挿絵が違っていて面白かったです。

MTH
(Y3.2)

10810
Winter of the Ice Wizard

★★★★

Winter of the Ice Wizard

冬至の日、森に行くと、マジックツリーハウスに向かう人の姿が。 「わたしたちのツリーハウスが他の人にとられたら大変!」と焦るジャックとアニー。

「マジック・ツリー・ハウス」32巻目。 前々回・前回名前だけ出てきた氷の魔法使いがいよいよ登場! 別売CDで聴きました。 新キャラが喋るスピードが速い・・・!

MTH
(Y3.2)

10876
Carnival at Candlelight

★★★★

Carnival at Candlelight

資質を示すため、4つの課題をこなすことになったジャックとアニー。 最初の舞台:260年前のヴェニスは、カーニバルの真っ最中。

「マジック・ツリー・ハウス」33巻目。 別売CDで聴いてから読みました。 久々にリアル世界の話。昔訪れたベニスをイメージしながら読みました。 前半は話がもたつき飽きましたが、解決へと一気に向う後半は爽快でした。

MTH
(Y3.2)

10800
Season of the Sandstorms

★★★★

Season of the Sandstorms

ジャックとアニーが降り立ったのは砂漠のど真ん中。 韻詩にある「ケイレフ」って誰? バグダッドってどっちの方角? 砂漠の舟って・・・?

「マジック・ツリー・ハウス」34巻目。 別売CDと併せて聞き読みしました。 黄金期のアッバース朝が舞台。 この本が書かれたのは、イラク戦争中。 著者は、報道とは違ったバグダードの印象を読者に伝えたかったのでは。

MTH
(Y3.2)

11486
Night of the New Magicians

★★★★

Night of the New Magicians

1889年のパリ万国博覧会にやってきたジャックとアニー。 ここで4人の魔法使いを探し出さなくてはならないのだけど・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」35巻目。 別売CDで聞いてから読みました。 古き良き華やかなパリ万博の様子がうかがえる 毛色の変わった巻。ジャックとアニーが急ぐシーンが多いので、朗読も速い! 語彙も難しめ。

MTH
(Y3.2)

11300
Blizzard of the Blue Moon

★★★★★

Blizzard of the Blue Moon

1938年のニューヨークでユニコーン探し?! 近代的大都会と伝説上の動物のギャップに戸惑うジャックとアニー。

「マジック・ツリー・ハウス」36巻目。 別売CDで聞いてから読みました。 最初から最後まで一貫したイメージで、印象深い一冊でした。 アニーのお気に入りの魔法も陽の目を見たし^^。 キラキラな表紙もとってもきれい。

MTH
(Y3.2)

11725
Dragon of the Red Dawn

★★★★★

Dragon of the Red Dawn

「幸せの秘訣」を探しに1682年の江戸にやってきたジャックとアニー。 降り立ったのはこともあろうに皇居! そこで出会った老師とは・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」37巻目。 36巻と対になっている感じ。 別売CDで聞き読みしました。 表紙からしてこれがよもや日本の話とは・・・。 内容・挿絵も、かなりシュール(笑)。 でも好意的な日本理解が嬉しく、ストーリー展開もいい感じ^^。 日本人向けに修正の入った和訳も併せて読まれたし。

MTH
(Y3.2)

11273
Monday with a Mad Genius

★★★★

Monday with a Mad Genius

「幸福の秘訣」探し第二弾。 今回の舞台はルネサンス時代のフィレンツェ。 そこで天才レオナルド・ダ・ヴィンチを手伝うように命じられる。

「マジック・ツリー・ハウス」38巻目。 別売CDで聞いてから読みました。 人の目を気にしたり、落ち込んだり悩んだり逃避したり。 スター・トレック・ボイジャー編に出てくるダヴィンチのキャラとほぼ同じ。 人間くさく描かれています。

MTH
(Y3.2)

12609
Dark Day in the Deep Sea

★★★★

Dark Day in the Deep Sea

「幸福の秘訣」探し第三弾。 ジャックとアニーは1870年代に活躍したイギリスの海洋調査船HMSチャレンジャー号の学者と出会う。

「マジック・ツリー・ハウス」39巻目。 別売CDで聞きました。 タイトルと表紙の印象からまた深海モノ、動物モノかと思ったら、ちゃんと人間ドラマでよかった(笑)。 今回はいつもより単語が難しめ。

MTH
(Y3.5)

11247
Dark Day in the Deep Sea

★★★★★

Dark Day in the Deep Sea

「幸福の秘訣」探し第四弾。 ジャックとアニーは南極大陸へ。 こんなところでどうやって「燃える山」を探すのかと思いきや、そこに待っていたのは・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」40巻目。 別売CDで聞いてから読みました。 珍しく舞台は「今」。リアル世界とファンタジーのギャップが面白かったです。 そのリアル世界も、ちょっと意外〜。 挿絵もよかったです。

MTH
(Y3.2)

11986
Moonlight on the Magic Flute

★★★★★

Moonlight on the Magic Flute

新たなミッションのため、18世紀、女帝マリア・テレジアの舞踏会に潜入したジャックとアニー。 ここで偉大な芸術家を探さなくてはならないのだが・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」41巻目。 別売CDで聞きました。 わたしが大好きな芸術家がテーマの巻。 なので最初からネタバレしてしまい、ちょっと残念。 でもよかった!! 前回あたりから、ジャックのキャラに進化が。

MTH
(Y3.2)

11158
A Good Night for Ghosts

★★★★★

A Good Night for Ghosts

芸術家の才能開花の手助けをするミッションの二つ目を与えられたジャックとアニー。 若かりしルイ・アームストロングに会いに、ニューオーリンズへ。

「マジック・ツリー・ハウス」42巻目。 アームストロングの人柄や、幽霊伝説の多い街の様子が丁寧に描かれていて、独特な雰囲気がありました。 この巻は、音(別売CD)で聴くのが正解かも。 より印象が濃いと思います。

MTH
(Y3.2)

12336
Leprechaun in Late Winter

★★★★★

Leprechaun in Late Winter

19世紀のアイルランドでアガスタという女性の才能を触発せよ、という使命を与えられたジャックとアニー。 一体この人にどんな才能が?

「マジック・ツリー・ハウス」43巻目。 別売CDで聴きました。 臨機応変のアニー、ものごとの本質をずばり言いあてるジャックの個性に、思わずニヤニヤ^^;。 じめっと陰鬱な19世紀のアイルランドの描写も良かったです。

MTH
(Y3.2)

11000
A Ghost Tale for Christmas Time

★★★★★

A Ghost Tale for Christmas Time

4つ目の使命は、文豪チャールズ・ディケンズ。 まだ才能に目覚めていない若かりし頃と思いきや・・・。

「マジック・ツリー・ハウス」44巻目。 別売CDで聴きました。 クリスマスキャロルのパロディともいえる一冊。 富のあるなしですべてが決まるヴィクトリア朝のイギリス社会がくっきりと描かれていました。

MTH
(Y3.2)

11500
A Crazy Day with Cobras

★★★★★

A Crazy Day with Cobras

ハート型のエメラルドを探しに16世紀のムガール帝国へ。 テディがくれたのは、体が小さくなる薬。

「マジック・ツリー・ハウス」45巻目。 別売CDもあり。 大きくなったジャックとアニーに挿絵で気づきました。 しかし内面は・・・。 何かやらかしそうなアニーにハラハラのし通しでした。

MTH
(Y3.2)

13000
Dogs in the Dead of Night

★★★★★

Dogs in the Dead of Night

変身薬を持ち、黄色と白の花を探しにスイスの僧院へ。 セント・バーナードが大活躍。

「マジック・ツリー・ハウス」46巻目。 史実と創作がうまく融合し、ひねりも効いていて、これは面白かった!! 大型犬の体の躍動感が自分にも感じられるようでした。 audibleもあり。

MTH
(Y3.2)

13000
Abe Lincoln at Last !

★★★★

Abe Lincoln at Last !

リンカーンに会いに、19世紀のホワイト・ハウスへ。 リンカーンを助けるのか、助けられるのか? 与えられた詩には矛盾が。

「マジック・ツリー・ハウス」47巻目。 先の展開が序盤で読めてしまったので、ハラハラドキドキせず、安心して読めました。 直感で動くアニーと論理的なジャックの違いが面白い。 Fact Trackerも早く読みたーい! audibleもあり。

MTH
(Y3.2)

12000
29巻〜47巻までのトータル語数:約22万語
CDの内容レベル
語数
Magic Tree House CD Edition Books 29-32

★★★★★

Magic Tree House CD Edition Books 29-32

マジックツリーハウス29巻〜32巻までを収録した朗読CD。5枚組。著者による朗読。

MTH
(Y3.2)

43515
Magic Tree House CD Edition Books 33-36

★★★★

Magic Tree House CD Edition Books 33-36

マジックツリーハウス33巻〜36巻までを収録した朗読CD。5枚組。著者による朗読。

MTH
(Y3.2)

45311
Magic Tree House CD Edition Books 37-40

★★★★

Magic Tree House CD Edition Books 37-40

マジックツリーハウス37巻〜40巻までを収録した朗読CD。5枚組。著者による朗読。

MTH
(Y3.2)

47115
Magic Tree House CD Edition Books 41-44

★★★★★

Magic Tree House CD Edition Books 41-44

マジックツリーハウス41巻〜44巻までを収録した朗読CD。5枚組。著者による朗読。

MTH
(Y3.2)

46480

初稿:2012年3月10日
最終更新日:2014年2月23日

<<<   index   >>>