marvin redpost Louis Sackar

マーヴィン・レッドポストは、わたしがはじめて挑戦した一般児童書のシリーズです。 日本語で読んだ同じ作家(ルイス・サッカー)の 「HOLES」という作品がとても良かったので、 同じ作家の作品をもっと読んでみたいと思ったのがきっかけです。

文章は字が大きく、読みやすさレベルは2.5。 そんなに難易度は高くありませんが、学習者向けに書かれたものではないので、英語らしい英語。 グレーデッドリーダーズには出てこない単語がちょくちょく出てきて、 最初の一冊は少し難しく感じました。 でもどの巻も出てくる単語や表現が割と似ており、一冊ごとに慣れてきて、徐々に読むのがラクになりました。

表題の「マーヴィン・レッドポスト」というのは、主人公の小学3年生の男の子の名前です。 シビアな子ども同士の人間関係がよく描かれていて、 起こる事件は、子ども世界ではよくある、ありふれた出来事なだけに、とてもリアル。 愉快な巻もありますが、 自分の子どものころの経験を思い出し、切なくなる巻もあります。

子どもの世界で追い詰められた子にとって、唯一の救いとなりうるのは大人。 マーヴィンのパパ・ママの反応にはいつもホッとし、担任の先生の対応に怒りを感じたことも。 子どもを持つ親、小学校や中学校の先生にぜひご一読をお勧めしたい本です。 日本語訳は出ていないので、英語でどうぞ。

わたしは第一巻から読みましたが、一話完結型なので、 どの巻から読み始めても、内容が分からないようなことはないと思います。 わたしが特にオススメなのは、 二巻目の「Why Pick on Me ?」です。

本の内容レベル
語数
Kiddnapped at Birth ?

★★★

Kiddnapped at Birth ?

外国の王様が、生まれてすぐにさらわれた王子の行方を捜しているらしい。 王子は赤い髪、青い目。そしてぼくも・・・。 Marvin Redpostシリーズ第1作目。

ルイス・サッカー作。 マーヴィンのふとした思い付きが、みんなの想像によってだんだん真実味がましてゆく・・・。 9歳の子どもたちにありがちな発想、ありがちなやりとりが笑えます。 「ばかばかしい」などと一蹴しないマーヴィンのママが最高に素敵!

MRP1
(Y2.5)

5209
Why Pick on Me ?

★★★★★

Why Pick on Me ?

クラレンスにボール遊びで勝ったのが運のつき。 9歳にして何もかも失ったぼくは・・・。 Marvin Redpostシリーズ第2作目。

子どもの世界ではよくあること。 前半が切ないだけに、後半の見事な展開が実に爽快。 現実にはもっともっとうそつきとごまかし野郎が多いと思いますが・・・。 マーヴィンのパパとママ、それに校長先生が素敵。 どなたさまにもお勧めしたい一冊。特に、親と教師は絶対読むべし!!

MRP2
(Y2.5)

4631
Is He a Girl ?

★★★★

Is He a Girl ?

「自分の肘の外側にキスすると、女の子になれるよ」と言われたけど、 そもそもそんなこと、できるの?! Marvin Redpostシリーズ第3作目。

自分の肘の外側にキス、わたしもつい、本を読みながら挑戦してしまいました^^;。 たあいのない話ですが、女の子ならではの感覚、男の子との違いがすごく面白い。 いつもと違った視点でモノを見る、相手の身になって考える、それがマーヴィンと一緒に体感できる一冊。

MRP3
(Y2.5)

6119
Alone in His Teacher's House

★★★★

Alone in His Teacher's House

担任の先生の留守を一週間、預かることになったぼく。 友達は羨ましがるけど、責任重大だ・・・! Marvin Redpostシリーズ第4作目。

ルイス・サッカー作。 本当に大事なことを知っている子どもと、物事の上面しか見ない子ども。 子どもの真価を見極められる大人と、表面的にしか判断できない大人。 その対比が、残酷なまでに描かれている作品でした。

MRP4
(Y2.5)

6698
Class President

★★★★

Class President

今日は特別な日。学校に穴の開いた服を着ていく日なんだ。 更に、特別な人の来校で、ますます特別な日に・・・! Marvin Redpostシリーズ第5作目。

「穴の開いた服を着てくる日」があるなんて、いいなあ〜! でも穴の開いた服を持っていない子はどうするんだろう? まさかわざわざ穴を開けたりしないよね。 ハラハラ・ドキドキな場面もありましたが、とても楽しく読めた一冊。

MRP5
(Y2.5)

5845
A Flying Birthday Cake ?

★★★★

A Flying Birthday Cake ?

未確認飛行物体を見た翌日、転校生がやってきた。 名まえは「ノーマル」だけど、少し変わってるみたい・・・? Marvin Redpostシリーズ第6作目。

多くの子どもにとって「変なヤツ」というのは、「係わり合いになりたくないヤツ」という意味。 でもマーヴィンだけは違った考えを持っていて・・・。 子どもの本質はアメリカも日本も同じだなあと感じました。

MRP6
(Y2.5)

7249
Super Fast, Out of Control !

★★★

Super Fast, Out of Control !

なぜか、急で恐ろしい「自殺坂」を新しいマウンテンバイクで降りることになってしまい・・・! Marvin Redpostシリーズ第7作目。

子どもの残酷さと無責任ぶりがよく描かれた作品。 いつも思うんだけど、なんでマーヴィンて、スチュアートやニックなんかと親友やってるんだろう?? 「best friend」という言葉に、今回も腹が立ちました。

MRP7
(Y2.5)

7350
A Magic Crystal ?

★★★★

A Magic Crystal ?

キャシーの家に遊びにいくことになったマーヴィン。 それって、キャシーが「魔法の水晶」に願ったせい?! Marvin Redpostシリーズ第8作目(最終作)。

たった一言が災いして、キャシーの逆襲にあうマーヴィン。 うわてなキャシーと後手後手にまわるマーヴィンの以心伝心ぶりが可笑しい。 これまでマーヴィンが経験してきたことがひょいひょいと出てくるので、懐かしかったです。

MRP8
(Y2.5)

7962
全8巻。総語数:51,063

初稿:2012年3月10日
最終更新日:2012年3月10日

<<<   index   >>>