インドネシア語検定C級の検定試験対策に読んだインドネシア語入門・初級テキストをご紹介します。

マイナー言語かと思いきや、インドネシア語のテキストはけっこうたくさん出ています。 しかもタイトルが似通っていて、もうワケワカンナイ!! このページはもともと、インドネシア語テキストに関する備忘録です。 どの本をすでに読み、どの本はまだ読んでいないのか、自分自身が把握するために作りました。 もしみなさんのお役にも立てれば幸いです。 読んだもの・手に入れたものから順次リストアップしていきます。

簡単な内容説明に加え、参考書選びの参考、学習の参考になればと思い、 わたし自身の活用方法や感想を緑字で書き添えました。

は、わたし自身の気に入り度・もしくは役立ち度です。 が多いほど、気に入り度が高い、もしくは役立ったものということになります。

わたし自身まだインドネシア語を始めたばかりなので、価値基準は初学者の視点、つまり 「挫折しづらい親切設計かどうか」に重きがおかれています。

また、鋭音符号のあるなしについても記しておきました。 「鋭音符号」とは、「エ」と読む「e」の上に、ダッシュがついているかどうかです。 これがついていると、CDを聞かなくてもルビがなくても、2種類あるeの発音のどちらかが 分かります。

本の題名にはそれぞれアマゾンの該当ページへのリンクが貼ってあります。 そちらにも複数の方のブックレビュー(書評)が掲載されていますので、ご一読をお勧めします。

入門書(会話中心)
新装版 アラビア語が面白いほど身につく本

★★★★★

カラー版 インドネシア語が面白いほど身につく本

分厚くて小さめ(B6判)。オールカラー。CD付。単語数:約700。ルビつき。鋭音符号なし。巻頭に挿絵入り基本単語集あり。

とにかく親切でとっつきやすいテキスト。 発音の注意点が分かりやすく纏められており、 CDでは日本人に区別しづらい発音の違いを並べて発音してくれます。 例文はたくさんあって、その文字が大きいのも良いし、 ちょっとした文法説明や図解も分かりやすい。 最初の一冊に最適です。 もしこの本で挫折するようなら、インドネシア語は諦めたほうがいいかも(笑)。

ゼロから話せるインドネシア語―会話中心

★★★★☆

ゼロから話せるインドネシア語―会話中心

A5判。二色刷。CD付。単語数:約500。ルビつき。鋭音符号なし。会話編と文法編に分かれており、会話編は全20課。 巻末に挿絵入り基本単語集つき。内容は「語学王インドネシア語」とほぼ同一。三修社。

会話編と文法編に分かれているので、 とりあえず会話だけ、という使い方ができるのが便利。 文法編は接頭辞・接尾辞についての説明が詳しく、例を挙げて説明してくれるのが分かりやすかったです。 会話編は簡単な会話文の紹介とそのバリエーションの作り方が解説されていますが、 文全体の訳だけで、個々の単語の説明がないので、辞書がないときついかな。 CDの出来は、もう最高! 発音がとてもきれいなのと、二度ずつ読んでくれるのが気に入って、 テキストなしでずっと流しています。 もう数十回聴いたかな。

こうすれば話せるインドネシア語

★★★★☆

こうすれば話せるインドネシア語

薄くて大きめ(A5判)。二色刷。CD付。単語数:約500。全15課。巻末に単語集つき。 文法は、使えるフレーズに重きを置いた実践的な内容。

入門書を5〜6冊読んだあとに読みました。 会話中心テキストにしては難易度高めで、最初の一冊には少し難しいかな、という感じ。 ただ、全体的に難易度が安定しているので、ストレスは感じません。 CDも会話の速度は速いですが、発音がクリアで聞き取りやすい。 テンポが良いので飽きず、繰り返し聞いています。

今すぐ話せるインドネシア語 入門編

★★★★☆

今すぐ話せるインドネシア語 入門編

大きめ(A5判)。二色刷。CD2枚付き。全28課。単語数:約700。ルビつき。鋭音符号なし。練習問題あり。東進ブックス。

基本スキットは1課につき6文。基本スキットに出てくる単語は200語程度。 「基本スキットだけ完全に覚えよう」という使い方ができるので、使いやすい。 旅行者が出会う場面ごとに表現や単語を纏めてあるので、あとから参照するときも便利です。 文法説明はあまりなく、実践的な会話中心。

入門書(文法しっかりめ)
はじめようインドネシア語―しっかり文法身につく表現

★★★★★

はじめようインドネシア語―しっかり文法身につく表現

A5判。二色刷。CD付。単語数:約800。ルビつき。鋭音符号なし。全22課。各課に練習問題あり。 ほかにスキットが7つあり。

接頭辞つき動詞の説明がとても分かりやすかったです。 左肩に文法別の見出しが記載されているのもすごく便利。 あとから参照しやすく、ちょっとした文法書として使えそうです。 課ごとにまとまった単語集も、同じ形・同じ品詞のものが並んでいるので、 ことばのイメージが掴みやすかったです。 初心者ながらも、文法をきちんとやりたい人にオススメです。 またCDが素晴らしい! 聞き取りやすいだけでなく、インドネシア語の美しさまで教えてくれました。

CDエクスプレス アラビア語

★★★★★

CDエクスプレス インドネシア語

題名通り、速習本。入門書でありながら、これ一冊で一通りの文法が学べる。 薄くて大きめ(A5判)。全20課。二色刷。CD付属。単語数:1000。最初の6課のみルビつき。鋭音符号つき。巻末に単語集あり。白水社。

スキットは比較的平易ですが、初級文法を一通り扱っているので、 文法部分は焦らずゆっくり読むのが吉。 わたしは、最後まで丁寧に読んだあと、もう一度最初から読み直したら、 すごくよく分かりました。 巻末の単語集が素晴らしい! なんと、語根引きの単語配列です。 とはいえ接頭辞付きもちゃんと載っており、語根を教えてくれる親切設計。 語根引きの辞書形式に慣れさせようという気遣いが感じられます。 また練習問題が秀逸。言葉を応用して使う訓練になります。

インドネシア語のしくみ

★★★★☆

インドネシア語のしくみ

気楽に寝転がって読める文法をスローガンに、 インドネシア語文法を、初心者にもわかりやすく概観した本。鋭音符号つき。 B6判。付属のミニCDでは本文中に出てくる例文を読み上げてくれる。

使い方によって、この本の効果は変わってくる気がします。 全くインドネシア語に触れたことのない人は、まずは巻末の例文集を見ながら付属のCDを聞き、 音と文字の対応、文の成り立ちなどについて、自分なりに考えたり推測したりして、 それから本文を読むと良いでしょう。 自分の推測が正しかったり間違っていたり、自分が気づかなかったことに気づかされたりで、 ますます面白く読めると思います。

辞書なしで学べる入門インドネシア語の最初歩

★★★☆☆

辞書なしで学べる入門インドネシア語の最初歩

入門編・日用会話編(全10課)・決まり文句編・文法編に分かれている。 大きめ(A5判)。二色刷。CD付き。単語数:不明(500以下)。ルビつき。鋭音符号なし。三修社。

よく使う表現・文法事項を厳選し、その分、類似表現をたくさん列記し、反復練習を促す内容。 「これだけは絶対覚えさせるゾ」という著者の意気込みを感じます。 一つの単語から新たな単語を作り出していくインドネシア語の面白さにも触れています。 文字もくっきりとしていて読みやすいです。 最後の文法編だけ突然難しいのがちょっと残念。

まずはこれだけインドネシア語

★★★☆☆

まずはこれだけインドネシア語

基本単語のみを集めた単語集(導入編)と 簡単な文法説明(構文編) および旅行に役立つ会話文例(実用編)の3編に分けた作り。 薄くて大きめ(A5判)。CD付。単語数:約250。

薄いので圧迫感がなく、好きなページを開いて気楽に読めます。 構文編では、似た表現を並べてニュアンスの違いを訳で感じ取れるようにしてくれている 部分が面白かったです。 ただ、派生語の作り方を中途半端に扱うよりは、 基本的な文の骨組みの説明がもう少し詳しいほうが嬉しいかな。

初級〜中級
インドネシア語レッスン初級〈1〉

★★★★★

インドネシア語レッスン初級〈1〉〈2〉

A5判。二分冊。二色刷。CD付。単語数:2000以上。全20課。巻末に単語集(イン日・日イン)つき。 練習問題多数。

C級受験に向け、メインテキストとして使いました。 入門書を5〜6冊読んだあとにめぐり合い、「これだ!」と思いました。 インドネシア語のテキストは良いものが多いですが、わたし的には、これが一番気に入りました。 2000以上もの単語と初級文法を一通り学びますが、 二冊に分かれているので、余白が多く、読みやすいです。 CDの出来も良く、CDを使った練習問題で聞き取りの練習ができるのも気に入っています。 二冊目の巻末の単語集が語根順なのも嬉しい♪ 文法は二冊目に入ると急に難しくなりますが、単語の数はむしろ一冊目のほうが多く、バランスがとれています。

バタオネのインドネシア語講座 初級

★★★★★

バタオネのインドネシア語講座 初級

分厚くて大きめ(A5判)。単語数:2000〜3000くらい。 CD別売。

「初級」とありますが、かなり高度な内容まで網羅している文法書。 文字が細かく、400ページ近くに及ぶ分厚い本なので、ずっと手が出せずにいましたが、 検定試験直前に数十時間かけて読みました。 派生語の単語例、文例などが豊富で、長めのサイドリーダーもあり、新出単語も山ほど。 内容がギッシリと詰まった、とてもよいテキストですが、 ボリュームがあるだけに、挫折率も高い気がします。 他のテキストで耐性を養ってから読むのがオススメです。

インドネシア語リスニング

★★★★☆

インドネシア語リスニング

1時間以上におよぶCDがついた、リスニング対策本。 初級・中級・上級の三部に分かれている。

難易度的には、初級はインドネシア語検定E級、中級がD級・C級程度。 検定のリスニング問題とは形式が異なりますが、耳を慣らすのに役立ちました。 CDはとても聞き取りやすく、テキストの解説はとても丁寧。 上級の問題は社会の諸問題を扱ったまとまった文章なので、長文を読む練習にもなりました。 まだまだ長く使えそうな一冊です。

やさしい初歩のインドネシア語

★★★★☆

やさしい初歩のインドネシア語

A5判。CD付。単語数:約1400。全35課。巻頭にイラスト単語集、巻末に単語集つき。 会話より読み物が充実している。例文・練習問題多数。

題名に「やさしい」とありますが、生やさしい本ではないです。 一冊に内容がぎっしり詰まっていて、むしろスパルタ。 例文がたくさん、読み物もたくさん、練習問題もたくさんあって、しっかり勉強させてくれる感じ。 読み終えたときは、非常な充実感がありました。 CDはほとんどナチュラルスピード! 最初は、とてもついていけない!と思いましたが、 何度も聞くうちに、なんとなく内容が分かってきました。 テキストを読むより先にCDを聞いたりしていました。 アマゾンのレビューにもありますが、気合の入った劇画調イラストにはちょっとビックリ。 好き嫌いはあるかもです。

教科書インドネシア語

★★★★☆

教科書インドネシア語

A5判。ルビなし。単語集にのみ鋭音符号つき。単語数:2500以上。全25課。巻末に語根引きの単語集(イ日、日イ)があり、 辞書なしで学習できる。

入門書を数冊終えたあとに読みました。 文字が小さめで簡素な紙面なのでパッと見、難しく感じましたが、 各課ごとの文章がインドネシアの暮らしに即した内容で続き物なので、 先が気になり、練習問題をこなしながらどんどん読み進めました。 各課ごとの作業量が一定しているので、学習のテンポが作りやすいです。 文法説明はほとんどありませんが、例文が豊富なので、文法パターンが容易に推測でき、 ヘタな文法説明より却って分かりやすい。 一通りの初級文法を網羅しています。 巻末の単語集は大変便利、 語根引きですが、語根への誘導があるので、初心者でも使えます。 語彙も、覚えてソンのない単語ばかり。何度でも読んで長く使いたい本。

バタオネのちょばちょばインドネシア語1

★★★★☆

バタオネのちょばちょばインドネシア語1

インドネシア語検定を行っている出版社・著者のテキスト。ルビなし。鋭音符号なし。単語数:約1100。全12課。E級・D級向け。絶版。 別売の練習問題・単語集あり。

入門書を数冊終えたあと、上の「教科書」と並行して読みました。 こちらは「教科書」より少し簡単。 文法範囲も狭く、とっつきやすいです。 各課の最初には会話文と説明文が1つずつあり、話し言葉と書き言葉の微妙な違いが見て取れます。 文法説明は纏め方がすごく上手なので、あとから参照しやすく、とても便利。 例文も豊富なので、文法パターンが掴みやすいです。 何度も読んで長く使いたい一冊です。

バタオネのちょばちょばインドネシア語2

★★★★☆

バタオネのちょばちょばインドネシア語2

インドネシア語検定を行っている出版社・著者のテキスト。ルビなし。鋭音符号なし。単語数:約1100。C級向け。 課ごとに練習問題、巻末に単語集あり。

上記ピンクの本の続編。 形式は同じですが、こちらは練習問題と単語集つきです。 出版元がネット販売しています。

インドネシア語辞書
最新インドネシア語小辞典 第 1.3 版

★★★★★

最新インドネシア語小辞典 第 1.3 版

インドネシア―日辞書。A5版。見出し数:11,480語。派生語:8,666語。語根引き。鋭音符号つき。 自費出版のため、一般の書店では扱いがなく、 著者のサイトで購入する。 簡易製本ながら、送料込みで2640円の価格が魅力。 改版は2、3年に一度のペース。第 1.3 版は2008年3月発行。

わたしのお気に入りの辞書。文字は小さいですが、印刷がとてもくっきりしていて見やすいです。 普通の辞書よりも大きくて薄い形状が、とても使いやすい!! 辞書の割には紙がしっかりしているので、余白に語源などいろいろ書き込みやすいです。 表紙が磨耗しそうな紙製なので、ビニール製ブックカバーをかけて使っています。

インドネシア語辞典 ポケット版

★★★★☆

インドネシア語辞典 ポケット版

インドネシア―日辞書。見出し数:43,000語。語根引き。借用語の語源表記あり。

文字は小さいですが、引きやすい感じ。 比較的小型なので、持ち運びにも便利。 ただ最新の版が15年前というのが若干残念。 パソコン用語は諦めですね。

現代日本語インドネシア語辞典

★★★★☆

現代日本語インドネシア語辞典

日―インドネシア辞書。見出し数:22,000語、派生語18,000語、合計40,000語。ローマ字引き。

「ただ」「もし」「さえ」といった見出し語には、用例が載っているのが気に入って購入しました。 用例は少ないですが、使い方を知らないと使えない単語については、簡単な用例が掲載されています。 段組がないため、見出しがページの左側に揃っていて、単語が探しやすいです。

日本語‐マレーシア語‐インドネシア語‐英語4ケ国語辞典

★★★☆☆

日本語‐マレーシア語‐インドネシア語‐英語4ケ国語辞典

日―インドネシア辞書。見出し数:約6000語。あいうえお順。

英語はともかく、マレーシア語まで載っているというのがわたしにとってはかなり強力な魅力で、 上記の『現代日本語インドネシア語辞典』とかなり迷いました。 用例は載っておらず、単語集に近い感じ。すっきりした紙面です。

単語集
ニューエクスプレス インドネシア語単語集

★★★★☆

ニューエクスプレス インドネシア語単語集

単語数:約3000。 インドネシア語→日本語 3000語(アルファベット順 用例つき)、 日本語→インドネシア語 1000語(テーマ別)。 収録単語は被っています。

前半のインドネシア語→日本語はアルファベット順なので、辞書のように引いて使うのに便利。 引いた単語には線をひき、ノーマークの単語をなくしていくという使い方ができます。 後半はテーマ別なので、順に眺めるのに便利。

聴いて話すためのインドネシア語基本単語2000

★★★★☆

聴いて話すためのインドネシア語基本単語2000

単語数:約2000。テーマ別配列。巻末に索引つき。新書版。 見開きの左ページにインドネシア語と読み・日本語訳、右ページは空欄の穴埋め問題という構成。 右ページ下には小さなコラム欄があり、そのページに出てくる単語を使った慣用表現やことわざが掲載されている。

2000の単語と意味、コラムの内容を全部自分のノートに書き写しました。 全然覚えられてはいませんが^^;。 様々な言語で出ているシリーズですが、インドネシア語編は特に出来が良いように思います。 単語の選び方が適切で、分かりやすい配列。 コラムもトリビアっぽくて面白いです。

あいうえおで引くインドネシア語常用会話辞典

★★★☆☆

あいうえおで引くインドネシア語常用会話辞典

日イ辞書形式の単語・文例集。見出し数:約1400語。ひとつの見出しにつき2〜4つの文例が示されている。

辞書のように知らない単語を調べるのに使うには語彙数が少なすぎますが、 隅から隅まで読んで生覚えの語彙を確認するのに便利な文例集です。 基本単語のみで構成されている文例がほとんどで、基本語がしっかり見につきそうです。 わたしはまだ少ししか読んでいませんが、そのうち全部読むつもり。

インドネシア語150単語を使いこなそう―イディオム、ことわざ、オノマトペ

★★★☆☆

インドネシア語150単語を使いこなそう―イディオム、ことわざ、オノマトペ

主に中級レベルの読者が対象。

検定試験前に、ことわざのページだけ読みました。 インドネシア語のことわざは韻を踏んであって、とてもきれい。 それに面白いです。

旅行会話集
旅の指さし会話帳(インドネシア編)

★★★★★

旅の指さし会話帳(インドネシア編)

カラーイラスト満載、薄くて大きめ(A5判)。 単語数:約3000。ルビつき。鋭音符号なし。

大好きなシリーズ。 インドネシア語編はこのシリーズの中でも出来が良く、 イラストも文字もとても丁寧で読みやすいので、単語帳代わりに持ち歩いています。 マレーシア編と見比べるのもまた一興。 単語によってはスペルが多少違ったり、発音のクセが違ったりすることもありますが、 基本的に文の組み立て方は同じ。 方言程度の差のようですね。

まずはここから! やさしいインドネシア語カタコト会話帳

★★★★☆

まずはここから! やさしいインドネシア語カタコト会話帳

旅行会話例文集。新書版。単語数:約500。ルビつき。鋭音符号なし。

大きい文字、すっきりとした紙面構成、約200の例文という飽きない程度のボリュームと、 ハンディな大きさが魅力で、いつでもどこでも持ち運んで気軽に読み、 ノートに全例文と単語集を書き写しました。 細かい文法を知らなくても、例文にたくさん触れるうちに、規則性が見えてきました。 同じシリーズでマレーシア語編も出ているので、見比べてみたいです。

らくらく旅のインドネシア語

★★★★☆

らくらく旅のインドネシア語

旅行会話例文集。新書版。単語数:約250。ルビつき。鋭音符号なし。

大きい文字、すっきりとした紙面構成、約150の例文という飽きない程度のボリュームと、 ハンディな大きさが魅力です。 「いちばん簡単な旅会話」という謳い文句通り、確かにこれ以上簡単な旅行会話本はないかも。 上記「カタコト会話帳」以上に簡単な例文ばかりなので、入門者のわたしでもサクサク読めました。

通じる! かんたんインドネシア語会話

★★★★☆

通じる! かんたんインドネシア語会話

テキストの大きさはハガキより若干大きい程度。 ルビつき。鋭音符号なし。

ダイソー(100円ショップ)で売っていましたが、現在は絶版。 CDとテキストがそれぞれ105円(税込み)! こんなに安いのに、テキストは見やすいわ、CDの吹き込みは耳に残りやすいわで、 大変よくできています。 インドネシア語なんてやる日がくるのか?と思いつつ、 最後の一冊だったのでとりあえず買っておいてよかったです。 インドネシア語にすぐにハマれたのは、この本が家にあったから。 感謝です。

初稿:2010年1月1日
最終更新日:2017年7月1日

<<<   index   >>>