英語の多読・多聴リストその9(300万語〜)です。 本で読んだもの、CDで聞いたものを区別せずカウントしています。 (総語数が1000語以下の本と再読・再聴は除外)。

は、わたし自身の気に入り度です。 が多いほど、面白かった、読んでよかったものです。

部分に下線がついているものは、 SSS書評システムへのリンクが貼ってあります。 他の方の感想・評価が読めますので、本選びの参考にどうぞ。 ネタバレや、詳しすぎるあらすじが書いてあることもあるので、注意が必要ですが、 本を読んだ後に他の人の感想を読むと、自分と違った見方を発見することもでき、楽しいです。

書名にはAmazon.co.jpへのリンクが貼ってあります。 アマゾンでも書評が読めます。

日付本の内容レベル
語数
2/28 Three Men in a Boat

★★★★

Three Men in a Boat

冒険には憧れるが苦労はしたくない3人の紳士。 自分以外の二人に仕事を押し付けるつもりで、ロンドン・オクスフォード往復2週間のボート旅に出たが・・・。

19世紀に書かれたドタバタ喜劇の簡約。 レベル4・18000語とは思えないくらい、ラク〜に読めました。 バカバカしすぎ・無理ありすぎのギャグが多いですが、 「仕事コレクション」にはウケました^^。 CD付もあり。

OBW4
(Y3.8)

18055
2/28 Last Chance

★★★

Last Chance

マイクは報道カメラマン。「今度こそスクープ写真を撮ってこなければクビ」と上司に脅され、 危険な火山噴火の様子をビデオに収めに、ハワイヘ・・・。

うーーーーん、どうなのよ、この結末。 ま、いいんですけどね。いいんですけど、「虎穴に入らずんば・・・」の教訓と良い子に受け取られるのでは、 と余計な心配をしてしまった一冊。 CD付もあり。

OBW0
(Y1.0)

1928
2/29 We Didn't Mean to Go to Sea

★★★★★

We Didn't Mean to Go to Sea

ヨットで港に停泊して帰ってくるつもりが、海に出るハメになったお子様4兄弟。 沖へ沖へと流され、天候は濃霧から嵐になり・・・。

アーサー・ラッカム原作の簡約。 4人の役割分担がほほえましく、ドキドキしつつも楽しく読めました。 身の安全を第一に考える長男ジョン、母親との約束を第一に考える長女スーザン。 なによりパパが素敵♪

OBW4
(Y3.8)

14860
3/1 The Enormous Crocodile

★★★★

The Enormous Crocodile

「今日のランチは、肉汁たっぷりの人間の子どもにするぞ!」と決めた巨大ワニ。 獲物を求めて町へと向かいますが・・・。

絵本。リズム感のあるロアルド・ダールの文にも増して、クェンティン・ブレイクの絵がサイコー! 特にワニヤシの絵がツボ。 目的達成に向けて努力と工夫を惜しまないワニにすっかり感情移入。 最後が・・・うーん;; 別売CDあり。

----
(Y2.5)

2859
3/1 Gulliver's Travels

★★★★

Gulliver's Travels

度重なる海での遭難や謀反により、 ガリバーは小人国、巨人国、天空の島、馬の島を次々に訪れる・・・。

スウィフト「ガリバー旅行記」の簡約。 懲りない男ガリバー。 異種族に遭遇する度に言語習得が速くなり、 しまいには馬のいななきまで習得してしまう! ラピュタ、ヤフーの語源ここにあり。 エッチング風の挿絵も素敵。 CD付もあり。

OBW4
(Y3.8)

15325
3/2 Don't Count on Dracula

★★★★★

Don't Count on Dracula

コンテストで優勝し、ドラキュラ伯爵役で有名なスターとの会食をゲットしたザックとスペンサー。 でもこの人、本物の吸血鬼なんじゃ・・・?!

The Zack Files no.21。 伯爵のレトロな雰囲気と外人ライクな発音がツボでした。 eet ees lauvely! しかしA RH++(D/Dのこと?)ってほんとにレアなの?? いろんな意味で面白く、最後の1ページまで楽しくドキドキできた一冊。

ZFL
(Y2.5)

6861
3/2 The Thrty-nine Steps

★★★★

The Thrty-nine Steps

戦前のロンドン。 波乱万丈の生活から足を洗い、退屈していた彼のもとに、見知らぬ男が必死の形相で転がり込んでくる・・・。

ヒッチコック映画にもなった小説の簡約。 ハードボイルドにしてはハラハラ度が低めでよかった^^。 脇が甘い敵。渡る世間に鬼はなし。 英語も非常に読みやすく、一気に読んでしまいました。 CD付もあり。 PGR3にも同書の簡約あり。

OBW4
(Y3.8)

18055
3/3 Who Cloned the President?

★★★★

Who Cloned the President?

KCとマーシャルは小学4年生の親友同士。 大統領は左利きのはずなのに、テレビでは右手でサインをしていることに気付き・・・。

Capital Mysteries no.1。 行動派の女の子と、おっとりタイプの男の子。これからの二人の活躍が楽しみ。 アメリカの子どもたち、雲の上の大統領が普通の人として描かれるだけでワクワクするんだろうなあ〜。

CPM
(Y3.0)

6837
3/3 Kidnapped at the Capital

★★★

Kidnapped at the Capital

大統領に誘われて、お花見に繰り出したKCとKCのママとマーシャル。 アイスを買いに行っている隙に、大統領とママが行方不明に・・・!

Capital Mysteries no.2。 大人が読むには若干物足りないストーリーですが、 大統領と友達という状況にワクワクしながら読むのが正しいんだろうなー。 ところでKCのママって、フロリダのパパとは離婚してるんだろうか?

CPM
(Y3.0)

6915
3/3 The Twits

★★★

The Twits

性悪な性格が外見にも表れている、不潔で意地の悪いトゥイット夫妻。 互いに嫌がらせをしながら暮らす彼らは・・・。

ロアルドダール作。読者の許容範囲を測る踏み絵的な本。 前半はとにかく汚くて意地悪。 後半はThe Enormous Crocodile にも出てきた猿のMuggle-Wumpと鳥のRoly-Polyコンビが大活躍。 ブレイクの絵がいい味出してます。

----
(Y3.9)

8107
3/4 The Newspaper Boy

★★★

Newspaper Boy

トビーは新聞配達の少年。 ある日、早朝に配達していると、異変に気付きます。 トビーが主人公の短編2編。

ジャンル的には、ごく軽い「推理モノ」。 どうってことのないお話ですが、良い子のトビーがかわいく、 トビーを取り巻く大人たちの温かさもいい^^。 ページ毎のカラー挿絵もきれい。

MMR2
(Y1.2)

2200
3/4 The Skeleton in the Smithsonian

★★★

The Skeleton in the Smithsonian

スミソニアン博物館の創立資金を遺産として残した富豪の子孫と名乗る男が現れた。 KCは何かヘンだと気付く・・・。

Capital Mysteries no.3。 壮大なたくらみの割には、やっつけ仕事なトリック仕掛けに苦笑い^^;。 本篇は突っ込みどころ満載でしたが、 巻末のスミソニアンに関するウンチクがとても面白かった。

CPM
(Y3.0)

7000
3/4 Madame Doubtfire

★★★

Madame Doubtfire

キャリアウーマンと離婚した俳優のダニエル。 妻に引き取られた三人の子どもになかなか会わせてもらえず、一計を案じる。

映画「ミセス・ダウト」のノベライズ。 映像だときっと面白いんだろうなと思った作品。 本は言葉のメディアなので、ダニエルの奮闘ぶりの可笑しさより、 自分勝手な二人の言葉の応酬ばかりが目についてしまったのが残念。

PGR3
(Y3.2)

6917
3/5 Treasure Island

★★★★★

Treasure Island

18世紀のイギリス。ジムは宿屋主の息子。海賊を泊めたことから宝の地図を手に入れ、 宝を探しに大海原へと乗り出す。

19世紀スティーブンソン「宝島」の簡約。 ハラハラしましたが、面白かった〜! さすが名作。単なる海賊とのバトルに終わらず、登場人物一人一人の個性がキャラ立ち。 わたしは医者と船長が好き♪ CD付もあり。 PGR2MMR3にも同書の簡約あり。

OBW4
(Y3.8)

15125
3/5 The Story of Chocolate

★★★★

The Story of Chocolate

チョコレートの歴史。 中央アメリカのジャングルに自生するカカオの木から、飲料としてのココアを経、 さまざまな趣向の固形チョコレートが生まれるまで。

付属CDで聞き読みしました。 これ一冊で、チョコ通になった気分^^。 マヤ→アステカ→ヨーロッパ→全世界へと広がるチョコレート。 キッスチョコやM&Mなど、有名なチョコレートのエピソードも。 CDなしもあり。

UYR1
(Y2.0)

1840
3/5 A Spy in the White House

★★★

A Spy in the White House

ホワイトハウスの情報が新聞に筒抜けに! スパイは誰だ? KCとマーシャルは捜査に乗り出す。

Capital Mysteries no.4。 序盤でトリックがわかってしまったので、本篇はいまいちでしたが、 やはり最後2ページのウンチクページが面白かったです。 今回は「ホワイトハウスに飼われていた動物たち」がテーマ。

CPM
(Y3.0)

7000
3/6 My Fair Lady

★★★★

My Fair Lady

イライザはしがない路上の花売り。 その下町訛りを聞いたヒギンズ教授は、半年あれば、彼女の英語を完璧に矯正できると友人に豪語する・・・。

映画「マイフェアレディ」のノベライズ。 昔大好きだった映画なので、歌を口ずさみながら楽しく読みました。 ただ文章は、映画の映像をそのまま文字にしただけ。 初めて読む人にはわからないのでは。 CD付もあり。

PGR3
(Y3.2)

8049
3/6 Who Broke Lincoln's Thumb?

★★★

Who Broke Lincoln's Thumb?

リンカーン像の左手の親指がなくなってしまった! 数時間の式典までに失われた親指を取り戻せ! KCとマーシャルは聞きこみ捜査を開始する。

Capital Mysteries no.5。 いつもより無理のない展開でした。 マーシャルの活躍も見られてよかった。 いつもはKCの独壇場で、マーシャルはほとんど金魚のフン状態なので。 今回のウンチクは「リンカーン像」について。

CPM
(Y3.0)

7873
3/6 A Stranger at Green Knowe

★★★★★

A Stranger at Green Knowe

ロンドンの難民施設で暮らす中国難民少年のピンと、家族を殺され動物園の檻で暮らすゴリラのハンノー。 ピンはハンノーに自分の姿を見る。

グリーンノウ年代記の中の一冊の簡約。 旧荘園の豊かな自然の中で、ゆっくりと静かに心を寄せ合っていくピンとハンンー。 ハンノーが決断したとき、ピンと一緒にわたしも先を読む覚悟ができた気がします。

OBW2
(Y2.7)

6300
3/7 Charlotte's Web

★★★★★

Charlotte's Web

生まれて一年もたたぬうちにハムにされてしまう運命の子ブタのウィルバー。 友達の命を助けるため、クモのシャーロットが案じた一計とは・・・。

シャーロットのおくりもの」。 おいしい果物には虫、心地よい干し草の中にはヘビ。 シャーロットは吸血、ウィルバーはたい肥が好き。 決してきれいなばかりじゃない農場がとっても素敵に思えました。 幼い頃この本に出会っていたら、今のわたしは違っていたかも。 カラー挿し絵版別売CDもあり。

----
(Y4.5)

31455
3/7 Fireworks at the FBI

★★

Fireworks at the FBI

FBIの建物から花火が打ち上げられた。 誰が何のために?! KCとマーシャルは大統領に連れられてFBIに乗り込む。

Capital Mysteries no.6。 大統領の公私混同と機密漏えいぶりが、大統領というより小国の王さまみたいでリアリティがなく、 白けました。 ウンチクページは「FBI」がテーマ。 かつての長官の在任期間にビックリ!

CPM
(Y3.0)

8086
3/8 Esio Trot

★★★★★

Esio Trot

一人暮らしのホッピー氏。階下に住む未亡人が気になって仕方がない。 彼女の尊敬を勝ち取ろうと、彼が思いついた方法とは・・・。

ロアルド・ダール作「恋のまじない、ヨンサメカ」。 ダールにしては毒気がなく、気楽に楽しく読めました。 気の長い作戦に燃えるホッピーさんと、ブレイクの描く亀がかわいい。 後日談があってホッとしました。 別売CDあり。

----
(Y3.5)

4225
3/8 Trouble at the Treasury

★★★

Trouble at the Treasury

紙幣印刷所見学ツアーに参加したKCとマーシャル。 しかし同じ日、そこから10万ドルの札束が消える・・・。

Capital Mysteries no.7。 今回は比較的突っ込みどころが少なく、推理の筋も通ってすっきりしていた感じ^^。 ウンチクページは「紙幣製造」がテーマ。 へ〜、紙幣って紙が素材じゃないんだ〜。

CPM
(Y3.0)

7767
3/9 Mystery at the Washington Monument

★★★★

Mystery at the Washington Monument

夜、誰もいないはずのワシントン記念塔に明かりが。 KCとマーシャルはさっそく翌日、記念塔へ赴く。

Capital Mysteries no.8。 今回は面白かった。 わざわざ手がかりを与えるような犯人はマヌケすぎですが。 登場人物も生き生き。 しかしなんてヒマな大統領なんだろう! ウンチクは「ワシントン記念塔」。

CPM
(Y3.0)

8500
3/10 A Thief at the National Zoo

★★★★

A Thief at the National Zoo

スマトラ虎を絶滅から救うラッキーアイテム・エメラルド入りの琥珀が、 KCとマーシャルの鼻先で盗まれた・・・。

Capital Mysteries no.9。 単純だけれど、納得はいきました。 身代金請求の部分だけ突然グリシャム張り(笑)。 今回のウンチクは、絶滅危惧種と国立動物園の役割について。

CPM
(Y3.0)

7481
3/10 The Election-Day Disaster

★★★

The Election-Day Disaster

大統領選の4日前、ホワイトハウスで行われたハロウィーンパーティに潜入者が?! KCとマーシャルは大統領の汚名挽回に乗り出す。

Capital Mysteries no.10。 拍子抜けの感あり。 てゆかこのホワイトハウス、警備体制に問題ありすぎだろう! ウンチクページは大統領選挙について。今回も「へえ〜」でした。

CPM
(Y3.0)

7880
3/10 The Secret at Jefferson's Mansion

★★★★★

The Secret at Jefferson's Mansion

KCとマーシャルはジェファーソン大統領ゆかりの品を発見し、 モンテチェロのジェファーソン邸に向かうが・・・。

Capital Mysteries no.11。 こーれは面白かった!! 仕掛けだらけの古い館、霧の立ち込める墓地など、ムード満点。 筋立ても良いし、KCとマーシャルの掛け合いも愉快。 今回のウンチクは、ジェファーソン邸について。

CPM
(Y3.0)

7880
3/10 The Ghost at Camp David

★★★★★

The Ghost at Camp David

大統領の別荘キャンプ・デーヴィッドにやってきたKCとマーシャル。 でもここは歴代大統領の幽霊が出るらしい?!

Capital Mysteries no.12。 次々と起こる奇妙な出来事が、あれよあれよという間にひとつの事実へと収束。 KCとマーシャルの掛け合いも楽しい。 今回のウンチクは、キャンプ・デーヴィッドについて。

CPM
(Y3.0)

7281
3/11 Trapped on the D.C. Train!

★★★★

Trapped on the D.C. Train!

副大統領と一緒に汽車の旅をすることになったKCとマーシャル。 列車の最後尾の特別車両に乗り込んだが・・・。

Capital Mysteries no.13。 特別車両でお忍び、ってところがいまいち理解できませんが、 汽車の特性が生きていたし、展開にも意外性があって面白かったです。 今回のウンチクは、歴代大統領の汽車旅について。

CPM
(Y3.0)

7381
3/12 A Ghost Named Wanda

★★★★★

A Ghost Named Wanda

ある朝起きると、部屋がめちゃくちゃに・・・! ぼくの部屋はいつも散らかってるけど、それにしてもこれはありえない!

The Zack Files no.03。 気の利いた会話がいちいち可笑しい。 英語でも、言葉は話者の個性を映す鏡なんだな、とつくづく。 「これ一体どうなっちゃうの?」な状況をうまーくまとめ上げる手並みもお見事!

ZFL
(Y2.5)

5267
3/13 Angelina Ballerina

★★★★

Angelina Ballerina

ねずみのアンジェリーナはバレエが大好き! ヒマさえあれば踊っています。 でも周囲はちょっと迷惑しているようで・・・。

アニメ化もされている人気絵本シリーズ。 アンジェリーナのチュチュ姿がとにかくカワイイ!! 語数: Ballerina 610、 Christmas 739、 Princess 648、 on stage 607、 Birthday 765、 Alice 541、 Ice Skates 709、 Star of the Show 745、 Baby Sister 892、 Invitation to the Ballet 1087。

----
(Y1.0)

7343
3/14 Stuart Little

★★★★

Stuart Little

人間なのに、なぜかネズミの大きさ・ネズミの容姿で生まれたスチュアート。 体の小ささが便利なときもあるけれど、危険もいっぱい!

E.B.ホワイト作「スチュアートの大ぼうけん」。 部分部分はウィットに富んでいて面白いのですが、全体の纏まりに欠ける気が。 Charlotte's Webより短いですが、難易度はこちらのほうが上かも。 カラー挿し絵版別売CDもあり。

----
(Y4.5)

18418
3/15 Heidi

★★★★★

Heidi

両親を早くに亡くしたハイジは、アルプスの山におじいさんと住んでいましたが、 ある日大きな町に住むおばさんが迎えに来て・・・。

「ハイジ」の英訳。1881年。 簡約であらすじは知っていましたが、 こういうテーマの話だったのかー、ハイジってこういう子だったのかー、と今回初めて知った気が^^。 長いけれど、英語は比較的平易。 青空文庫あり。

----
(Y5.0)

91800
3/17 Because of Winn-Dixie

★★★★★

Because of Winn-Dixie

引っ越して間もない見知らぬ町。まだ友達のいない町の食料品店で出会ったのは、笑う犬だった・・・。

別売CDあり。 本の中央付近に挿入された映画のカラー写真を見てビックリ! 主人公に関してとんでもない勘違いをしていたのです。 でもどうせなら最後まで勘違いしててもよかったかも(笑)。 ちょっぴり切ない素敵な物語。

----
(Y3.8)

22331
3/18 Voyagers of the Silver Sand

★★★★

Voyagers of the Silver Sand

階段が消えた・・・! 階段を取り戻すために、過去に戻り、奪われた5つの秘宝、5つの伝説を取り戻せ・・・!

「秘密のドルーン」特別編3。 25巻と26巻の間の巻。 盗まれたはずの秘宝がまだ盗まれていない・・・?? タイムパラドックスの原理(?)が、最後のほうになってやっとのみこめました^^。 もうちょっと説明してくれよーー!!

SDR
(Y3.8)

19643
3/19 The Moon Dragon

★★★★

The Moon Dragon

ムーンドラゴンを追ってドルーンから戻ってきたエリックたち。 でも街に誰もいない! 人々は一体どこへ・・・?!

「秘密のドルーン」26巻目。 一体誰が敵で、誰が味方なの〜〜?? どんでん返しの繰り返しに、どきどきしました。 変装したつもりの珍一行と、箒とゴミバケツのフタをもって戦う街の人々が愛しい^^。

SDR
(Y3.8)

13654
3/20 The Chariot of Queen Zara

★★★★★

The Chariot of Queen Zara

いよいよガレンを探しに行くときがやってきた。 エリックたちはドローンへと落ちる・・・落ちる・・・落ちる〜〜〜!

「秘密のドルーン」27巻目。 最後の意外な展開につながる、さりげなーい持っていきかたが好き。 何巻も前から大事なメッセージが秘められていたことに今気づいた。 人の歩みはそれぞれ。 だから焦らなくてもいいんだね。

SDR
(Y3.8)

13646
3/20 In the Shadow of Goll

★★★★

In the Shadow of Goll

死者の町アグラ・ブールに呼ばれ、街に入るところで謎の人物に出くわしたエリックたち。 フードで顔を隠したこの人は一体・・・。

「秘密のドルーン」28巻目。 ヒントはたくさんあったはずなのに、謎の人物の正体が種明かしされるまでわかりませんでした。 最後のほうは・・・ いつかそうなる日が来る気がしてはいたよ、ウン・・・。

SDR
(Y3.8)

13675
3/21 Sorcerer

★★★★

Sorcerer

逃亡の末、スパーがたどりついた小さな島。 まだ赤ん坊の頃にさらわれた過去を、スパー自らが語る。

「秘密のドルーン」特別編4。 28巻と29巻の間の巻。 ちょっとどう考えていいのかわからない内容。 最後は意外・・・かも? よくわからないや。 スパーとケムの掛け合いが面白い。 ・・・てゆか、ケムって喋れたんだー(笑)。

SDR
(Y3.8)

20510
3/22 Pirates Of The Purple Dawn

★★★★

Pirates Of The Purple Dawn

敵か味方が分からない人物から忠告を受けたエリック。 何がなんだかわからぬままに、再びドルーンへ。

「秘密のドルーン」29巻目。 20巻以上も前に出てきた、そんなのいたっけ?状態のキャラや種族が次々に登場し、何が何やら・・・。 またしても最後に意外な展開が。 でも何が起きても驚かなくなってしまった(笑)。

SDR
(Y3.8)

13958
3/23 Escape from Jabar-loo

★★★★

Escape from Jabar-loo

謎の人物が残した言葉「チャレンジ」とは何のこと? エリックのもとに、冒険の開始を意味するメッセージが届く・・・。

「秘密のドルーン」30巻目。 「ものは見かけどおりではない」。 前の巻でそういう言葉がありましたが、 またまた見かけに騙されてしまいました^^;。 作者のいいように操られてしまう読者;;

SDR
(Y3.8)

13464
4/13 Queen Of Shadowthorn

★★★★★

Queen Of Shadowthorn

図書館に新しい図書室がオープン。 しかしエリックの家の地下室から煙が・・・。ドルーンが火事?! エリックたちはドルーンへと急ぐ。

「秘密のドルーン」31巻目。 めまぐるしい展開の中、エリックの心情が細やかに描かれていてよかったです。 最後章のタイトルには笑った。やっぱりこの作者、Sarah plain and tallのファンだったんだー!

SDR
(Y3.8)

13536
4/16 Moon Magic

★★★★★

Moon Magic

時の扉の中へ、サラマンドラに投げ込まれたエリックたち。 一体ここはどこ? ここはいつ?! ここへやってきた意味とは・・・。

「秘密のドルーン」特別編5。 31巻と32巻の間の巻。 筋は一本通っているものの、タイム・パラドックスが難しくて、なぜそうなるのかがさっぱり・・・^^;。 特に、なぜそこに二人がいるのか?? 単なる読者サービスなのか?(笑)

SDR
(Y3.8)

18339
4/17 The Treasure of the Orkins

★★★★

The Treasure of the Orkins

青い雪の夢を見たエリック。 しかしドルーンで向かうことになったのは、吹雪の北ではなく、砂嵐の南だった・・・。

「秘密のドルーン」32巻目。 最初のほうの巻のような雰囲気が、懐かしかったです。 しかしドルーンの広さがいまいちつかめない・・・。 飛行の速さも。距離感に整合性はあるのか?(謎) またしても新キャラ登場。

SDR
(Y3.8)

13500
7/29 My Grandma, Major League Slugger

★★★★★

My Grandma, Major League Slugger

昔おじいちゃんがオークションで落札したという古いキーホルダー。 ペンダントにして胸に付けたおばあちゃんが野球の才能が・・・?!

The Zack Files no.24。 おばあちゃんとザックの感覚のズレがいちいち可笑しい。 おばあちゃんタイプのわたしも、ザックの視点に同化し、おばあちゃんの行動にドキドキハラハラ。 しかしこのシリーズ、絶対はずさないなあ。

ZFL
(Y2.5)

6981
7/31 Harry Potter and the Philosopher's Stone

★★★★★

Harry Potter and the Philosopher's Stone

叔母の家で虐げられて育ったハリー。 ある日、魔法の学校ホグワーツから手紙が来て・・・。 ハリーポッターUK版第一巻目。

全編音読しました。 黙読より時間もかかるし疲れましたが、あまり細かい意味にこだわらずに読めたので、気分的には却ってラクでした。 読み方の確認に、ときどき辞書を引きました。 別売CDあり。

HP1
(Y6.5)

77000
現在407冊。総語数:
3,649,348

初稿:2012年2月28日
最終更新日:2012年7月31日

<<<   index   >>>