英語の多読・多聴リストその10(365万語〜)です。 本で読んだもの、CDで聞いたものを区別せずカウントしています。 (総語数が1000語以下の本と再読・再聴は除外)。

は、わたし自身の気に入り度です。 が多いほど、面白かった、読んでよかったものです。

部分に下線がついているものは、 SSS書評システムへのリンクが貼ってあります。 他の方の感想・評価が読めますので、本選びの参考にどうぞ。 ネタバレや、詳しすぎるあらすじが書いてあることもあるので、注意が必要ですが、 本を読んだ後に他の人の感想を読むと、自分と違った見方を発見することもでき、楽しいです。

書名にはAmazon.co.jpへのリンクが貼ってあります。 アマゾンでも書評が読めます。

日付本の内容レベル
語数
11/30 The Puppy Problem

★★★★

The Puppy Problem

8歳のナンシーは謎解きが得意。 子犬を貰ってきた日、チョコレートマッフィンが消えた! 愛犬の名誉を守るため、真犯人探しに乗り出す。

Nancy Drew Notebooks no.12。 サクサクッと気楽に読めました。 謎は解けてみれば単純だけれど、分からなかったー。 子供向けの謎解きモノにしては無理がなく、よくできていて、楽しめました。

NDN
(Y3.5)

7725
8/28 January Joker

★★★★

January Joker

夜中に目が覚めると、庭の雪には謎の輪、そこには奇妙な格好をした宇宙人が踊っていて、 ペットの馬や犬、兄までが次々と行方不明に・・・!

Calendar Mysteries no.1。 双子を含む、小学校1年生の4人組が活躍するシリーズの第一作目。 オチはすぐわかってしまったけど、登場人物一人ひとりの個性の違いが面白かったです。

CLM
(Y2.8)

7788
8/28 February Friend

★★★★

February Friend

バレンタインのプレゼントにと教室に置き去りにされたウサギ。 一体、元の飼い主は誰?

Calendar Mysteries no.2。 エサを食べないうさぎに、登場人物の4人組と共にわたしも焦り、スピーディーに読み終えました。 展開に無理がなく、絵地図で子供たちの足跡を追いながら、楽しく読みました。

CLM
(Y2.8)

6406
8/29 March Mischief

★★★★

March Mischief

聖パトリックデイのコンクールに出すレプリコーンが盗まれた! しかも犯人の名を告げる謎の電話が・・・!

Calendar Mysteries no.3。 今回は意外性のある展開で、すっかり騙されました。 3巻目ともなると町の地理にも通じてきて、文を読むだけで頭に地図が描けるのが楽しい。

CLM
(Y2.8)

7128
8/29 April Adventure

★★★★

April Adventure

復活祭の前日、目を覚ますと、イースターエッグが枕元に。 中には謎めいたメモが入っていて・・・。

Calendar Mysteries no.4。 今回はただのイースターエッグ探し?、と思いきや、 最後にひとひねりありました。 文中に、タンポポの食べ方も。 タンポポって食べられるんだー。

CLM
(Y2.8)

7000
8/29 May Magic

★★★★★

May Magic

あひるを飼いたいブライアンは、ダメというママの気を変えるため、母の日に催眠術ショーに連れ出す。

Calendar Mysteries no.5。 面白かった〜〜〜!! これでもかというママの奇行の数々。 これ、一体どうなっちゃうの?!、どうやってまとめるの?と心配に(笑)。 zack filesを思わせるノリでした。 言葉遊びも随所にあり。

CLM
(Y2.8)

7000
8/29 June Jam

★★★★

June Jam

父の日に苺ジャムをプレゼントしようと思い立ったブラッドレー。 でも家の菜園の苺は何者かに食い荒らされていて・・・。

Calendar Mysteries no.6。 これは意外! 分からなかったわー。 イチゴをあの手この手で守ろうとする4人組の工夫と奮闘ぶりがナイスでした。 このシリーズは悪者が出てこなくていつも微笑ましい。

CLM
(Y2.8)

7000
8/30 The Volcano Goddess Will See You Now

★★★★★

The Volcano Goddess Will See You Now

パパとハワイ島へやってきたザック。 高級スイートでご機嫌だったけど、次々と不幸なアクシデントに見舞われ・・・?!

The Zack Files no.09。 今回も最初から最後まできっちり楽しませていただきました。 ストーリーも面白いけど、こんな目にあってなお、どこか飄々としているザックのセリフや掛け合い問答がいちいち可笑しい。

ZFL
(Y2.5)

6444
8/30 The Misfortune Cookie

★★★★★

The Misfortune Cookie

ヘンな名前の中華料理レストランでもらったフォーチュンクッキー。 それって当たるの?

The Zack Files no.13。 セオリー通りの感はありますが、「負けるが勝ち」の例がスマート。 最後は、そう来ると思ったけど、やっぱり来たわー、って感じ。 やっぱMGMといえば・・・ですもんね。

ZFL
(Y2.5)

6781
8/30 Elvis, the Turnip, and Me

★★★★★

Elvis, the Turnip, and Me

菜食に目覚めたパパの冷蔵庫の野菜室から歌声が・・・。 夜中にプレスリーを歌うのは誰?

The Zack Files no.14。 エルヴィスの行く末を心配しながら読みました。 友だちの意向を尊重するザック少年の純真さに感動〜! いい話でした。 プレスリーが聴きたくなる一冊。

ZFL
(Y2.5)

6781
8/31 Flight of the Blue Serpent

★★★★

Flight of the Blue Serpent

北へ向かうことになったエリックたち一行。 予言は現実のものとなるのか? ブルー・サーペントは?

「秘密のドルーン」33巻目。 これまでのいきさつを覚えておらず、挫折しそうだったので、音読しました。 読んでいるうちに少しずつ思い出したような、思い出さないような・・・。

SDR
(Y3.8)

13500
9/1 In the City of Dreams

★★★★

In the City of Dreams

瀕死の友を救うために一行は夢の街へ。 そこで待ち構えていたものは、過酷な現実だった・・・。

「秘密のドルーン」34巻目。 前巻に引き続き、戦闘に次ぐ戦闘。 息をつく間もなし。 はやくこの戦闘から抜け出したくて、またすぐ次の巻へGO! あーもう疲れるーー!

SDR
(Y3.8)

13500
9/1 Crown of Wizards

★★★

Crown of Wizards

仲間が闇の手に落ち、戦況は悪くなるばかり。 キーアたちは彼を救い出せるのか?

「秘密のドルーン」特別編6。 34巻と35巻の間の巻。 長かった・・・!! 最後の急展開までが、ひたすら長かった・・・!! 一箇所、挿絵の間違いを発見。 そのキャラはその場にはいないはず。

SDR
(Y3.8)

19000
9/1 Hang a Left at Venus

★★★★★

Hang a Left at Venus

夜のセントラルパークで出合った未確認生命体。 大変! 僕らを見て気絶したみたい?!

The Zack Files no.15。 宇宙人を見ても驚かないのはパパとザックぐらいのものと思いきや・・・。 消えたUFOの行方も、エエエエ?!って感じ。 ヤラれました^^;。

ZFL
(Y2.5)

5594
9/1 The Lost Empire of Koomba

★★★★

The Lost Empire of Koomba

メダリヨンは消え、ガレンも行方不明。 絶望的な状況下、一向は赤の砂漠へ薬となる猛毒を探しに行く。

「秘密のドルーン」35巻目。 暗く止め処もない巻が続いていましたが、この巻は、最初の頃の雰囲気が戻ってきた感じ。 エリックのパパとママがいい味出してます^^。

SDR
(Y3.8)

13500
9/2 Knights of the Ruby Wand

★★★★★

Knights of the Ruby Wand

ルビーの杖を取り戻すことなった一向。 しかし海には、ジャファ・シティに向かう骸骨軍団の大群が・・・。

「秘密のドルーン」36巻目。 四面楚歌の閉塞感の中、ユルすぎる展開に最初はイライラ。 ところが焦りを超えたキーア姫の案じた一計で、状況は一変! お見事でした。

SDR
(Y3.8)

13500
9/2 The Genie King

★★★★

The Genie King

算数の授業中、ホワイトボードにキーア姫からのメッセージが・・・。 ドローンへ急げ!

「秘密のドルーン」特別編7。 36巻の後の巻。 この巻はニールが主役。 しかし、ドローンの存亡がかかっている瀬戸際にも学校は休まないニールたちの律儀さって一体・・・。

SDR
(Y3.8)

19000
9/3 The Final Quest

★★★★★

The Final Quest

予言実現まであと24時間と少し。 予言は何を意味するのか? カギを握る車輪はどこに?!

「秘密のドルーン」特別編8(最終巻)。 ついに読み終えたーーーーー!! 全44巻、58万語、壮大でした。 最終巻は今までの謎がバタバタと片付いていき、きれいに終わりました。

SDR
(Y3.8)

24000
9/4 Evil Queen Tut and the Great Ant Pyramids

★★★★★

Evil Queen Tut and the Great Ant Pyramids

野外観察にやってきたセントラルパークで、ザックは誤ってダイエット薬を飲んでしまい・・・。

The Zack Files no.16。 アリとピラミッド、その取り合わせの発想の元はツタンカーメンの名前一つと分かるから可笑しい。 発想の一つ一つは単純ですが、今回もきれいに纏まってお見事!

ZFL
(Y2.5)

6777
9/5 How I Fixed the Year 1000 Problem

★★★★★

How I Fixed the Year 1000 Problem

ミレニアムまであと2日。1000年前の末期思想について調べていたらザックは、気づけば中世へ・・・。

The Zack Files no.18。 出た、タイムスリップモノ。 なんとこれ、Dragon Slayers' Academy #8という別の作家とのタイアップモノなんですねえ〜! そっちも読んでみたい。

ZFL
(Y2.5)

6685
9/7 The Boy Who Cried Bigfoot

★★★★

The Boy Who Cried Bigfoot

サマーキャンプにやってきたザックとスペンサー。 キャンプ場近くにはイエティが出るってウワサはホント?!

The Zack Files no.19。 今回はあまりZack Files独特の飄々とした軽さが少なめで、一体何のシリーズ読んでたんだっけ?と途中で何度も思いました。 題名の意味は、読んで納得。

ZFL
(Y2.5)

6324
9/7 Happy Birthday Kirsten!: A Springtime Story 1854

★★★★★

Happy Birthday Kirsten!: A Springtime Story 1854

10歳の誕生日はもうすぐ。でもママは覚えていてくれているかしら? 「アメリカン・ガールズ#4-4」。

きれいな装丁とよく練られた物語。 おまけに最後に内容に関する時代考証的ウンチクまであって、大満足! 今回は幼い子を事故の危険から守るための昔の知恵がテーマでした。

AGC
(Y3.5)

8370
9/8 Kirsten Saves the Day: A Summer Story 1854

★★★★★

Kirsten Saves the Day: A Summer Story 1854

森で大きなハチの洞を見つけたけれど、先約がいるみたい・・・? 「アメリカン・ガールズ#4-5」。

キルスティン、大失敗の巻。 家族を喜ばせようと焦るあまり、危険な目に。 けっこう手に汗握りました。 今回のウンチクは、厳しい自然と闘う開拓者たちの野外生活について。

AGC
(Y3.5)

9500
9/8 Changes for Kirsten: A Winter Story 1854

★★★★★

Changes for Kirsten: A Winter Story 1854

小さなアライグマに情けをかけたばっかりに、とんでもないことに・・・。 「アメリカン・ガールズ#4-6」。

後半は、日本人の作家なら決してやらないだろうな、特に児童書では、と思える展開。 違った感覚との出会いが外国語多読の醍醐味ですね。 今回のウンチクは、技術の発展とそれに伴う開拓民の生活の変化。

AGC
(Y3.5)

9717
9/8 How I Went from Bad to Verse

★★★★

How I Went from Bad to Verse

口から詩が流れて出て止まらない! 医者曰く「韻詩病」だというけれど、次々とヘンな症状に見舞われ・・・。

The Zack Files no.20。 題名はgo from bad to worseのもじり。 どんどん悪化する症状に、アッと驚く治療方法が。 詩は難しいので、飛ばし読み。 「尻」を示す英単語のバリエーションには驚き!

ZFL
(Y2.5)

6266
9/8 This Body's Not Big Enough for Both of Us

★★★★★

This Body's Not Big Enough for Both of Us

降霊会に出席したザックとパパ。 ここはアメリカなのに、英国女王の亡霊にとりつかれ・・・。

The Zack Files no.22。 高飛車女王ネタは、このシリーズの真骨頂。 久々にモーリスも登場し、文句ナシの出来。 「僕はアメリカ市民だ。 大統領とパパ意外、誰の指図も受けない!」というザックのセリフも感動的。

ZFL
(Y2.5)

6411
9/10 A Crazy Day with Cobras

★★★★★

A Crazy Day with Cobras

ハート型のエメラルドを探しに16世紀のムガール帝国へ。 テディがくれたのは、体が小さくなる薬。

「マジック・ツリー・ハウス」45巻目。 別売CDもあり。 大きくなったジャックとアニーに挿絵で気づきました。 しかし内面は・・・。 何かやらかしそうなアニーにハラハラのし通しでした。

MTH
(Y3.2)

13000
9/10 Dogs in the Dead of Night

★★★★★

Dogs in the Dead of Night

変身薬を持ち、黄色と白の花を探しにスイスの僧院へ。 セント・バーナードが大活躍。

「マジック・ツリー・ハウス」46巻目。 史実と創作がうまく融合し、ひねりも効いていて、これは面白かった!! 大型犬の体の躍動感が自分にも感じられるようでした。 audibleもあり。

MTH
(Y3.2)

13000
9/11 Greenish Eggs and Dinosaurs

★★★★

Greenish Eggs and Dinosaurs

またしても蚤の市でヘンな卵を買ってしまったザック。 そこから生まれたのは・・・・。

The Zack Files no.23。 いつもながら、プロトタイプの描写が抜群にうまい。 セリフを読むだけで、各登場人物のキャラがリアルに想像できてしまうのが、このシリーズのすごいところ。

ZFL
(Y2.5)

6223
9/11 Trapped in the Museum of Unnatural History

★★★★★

Trapped in the Museum of Unnatural History

閉館後の博物館に閉じ込められてしまったザック。 しかもこの博物館の館長はあの人で・・・。

The Zack Files no.25。 リアルに起こりそうで怖い巻。 しかし引率の先生、少しは管理責任、感じようよー。 それとも研究のため、わざと置いてけぼりにしたのか?

ZFL
(Y2.5)

5375
9/12 Bookworms Club Pearl

★★★

Bookworms Club Pearl

Oxford Bookwormsのレベル2および3からピックアップした7編の短編集。 サキ、オーヘンリー、ポーなど。

現代作家モノもあれば古典もあり、ジャンルもさまざま。 古典はオチがあるから面白いけれど、現代小説はいまいちわたしの趣味じゃない、ということがよく分かった一冊。 ワークページが邪魔。

OBW
(Y2.5)

10000
9/12 Me and My Mummy

★★★★★

Me and My Mummy

アパートの地下室で見つけたエジプトの棺。 つい好奇心に駆られて開けてしまったザックは・・・。

The Zack Files no.26。 呪い、消えたミイラ、謎の追跡者、人探しと、ザック・ファイルらしい様々な展開が楽しめました。 定番の人々もたくさん登場。モーリスも無意味に登場(笑)。

ZFL
(Y2.5)

6165
9/13 Bookworms Club Coral

★★★

Bookworms Club Coral

Oxford Bookwormsのレベル3および4からピックアップした7編の短編集。 オセアニアや南アジアの現代小説中心。

一遍が短いのでラクかと思いきや、作者がバラバラな短編集は一貫性がなく、読むのが大変。 面白いものもありましたが、全体的に背景・問題意識が重く、娯楽としての読書には不向き。

OBW
(Y3.5)

16000
9/13 My Teacher Ate My Homework

★★★★★

My Teacher Ate My Homework

病欠の先生の代わりにやってきた非常勤の先生。 なんだかやたら毛深くて、歯が鋭い・・・?!

The Zack Files no.27。 スリル満点。 ハラハラしながら読み進めたら、最後、驚くべき、真相が明らかに!! さすがにこれは予想外でした。 しかしザックのパパ、最高!!

ZFL
(Y2.5)

5536
9/14 Tell a Lie and Your Butt Will Grow

★★★★★

Tell a Lie and Your Butt Will Grow

ピノキオの鼻のごとく、嘘をつくたび大きくなるアンドリューのお尻。 ザックと彼の共同研究はうまくいくのか。

The Zack Files no.28。 共同研究とピノキオ現象が絡み合って、なんともおかしな展開に。 最後の一文まで面白い。 しかしさすが私立、学校の発表会が企業とタイアップとは!

ZFL
(Y2.5)

6789
9/14 Just Add Water and....Scream!

★★★★

Just Add Water and....Scream!

怪しげな博物館で買ってきたフリーズドライの宇宙食。 水で戻したら、こ・・・これは宇宙食ではなく・・・!

The Zack Files no.29。 ブラッドベリのSFを思い出し、けっこう怖かった〜。 しかしニューヨーカーにとって、宇宙人の地球侵略は日常茶飯なのか?! どうやらノウハウがあるようで・・・。

ZFL
(Y2.5)

5636
9/14 It's Itchcraft!

★★★★★

It's Itchcraft!

学校のハロウィンパーティも間近。 女の子なんて興味なかったザックの前に、素敵な子が現れて・・・。

The Zack Files no.30(最終巻)。 ザック、愛する人のために戦うの巻。 出てくるのはいつもの面々ですが、いつもと違ったテイスト。 まるで他のシリーズを読んでいるかのようでした。

ZFL
(Y2.5)

12454
現在444冊。総語数:
4,000,787

初稿:2012年11月30日
最終更新日:2013年9月15日

<<<   index   >>>