Frog and Toad series

Frog and Toad(がまくんとかえるくん)は、わたしが大・大・大好きな絵本シリーズです。 何度読み、何度眺め、何度朗読を聞いたかわかりません。

絵も大好きだし、お話も大好き! かえるとがまがえるの仲良し二人組が主人公です。 3色刷りの絵は、しみじみとした風情と独特の世界観があり、 絵を眺めているだけで癒されます。 もう、ほんとにほんとに大好き!

文章は読みやすく、テンポが良いです。 1冊につき5つの話が収録されています。 完全な一話完結型なので、どの巻・どの話から読んでも楽しめます。

また、著者アーノルド・ロベルによる朗読CDが絶品!! のーんびりとしたがまくんとかえるくんの様子が、実にほのぼのとしていて、 バックミュージックとの兼ね合いも絶妙。 何がどうというのではないけれど、どことなく可笑しい。 わたしはこれで、多聴にハマりました^^。 全20話分を収録してあります。

英語であまりにもハマったので、フランス語訳、ドイツ語訳も読みました。 ドイツ語版のがまくん、女の子(メス?)なんですよ! そういう違いがあるので、他の言語で読むのもまた一興です。 多言語の「がまくんかえるくん」についてはブログに書きましたので、 もしよかったら参考になさってください。

本の内容レベル
語数
Frog and Toad Are Friends

★★★★★

Frog and Toad Are Friends

散歩から歩きつかれて帰って来たら、上着のボタンが一つない!! Frog and Toadシリーズ第1作目。

アーノルド・ロベル作「ふたりはともだち」。 日本の小学生の教科書に邦訳が載っている「手紙」など、5編を収録。 お兄さんキャラのカエルくんと、弟キャラのガマくん。 どうってことのない話ばかりですが、絵といい、文章といい、独特のまったり感があります。 個人的に一番好きなのは、ボタンの話。 CD付もあり。

ICR2
(Y1.5)

2275
Frog and Toad All Year

★★★★★

Frog and Toad All Year

雪の日、カエルくんは遊びに誘いますが、 ベッドでぬくぬくしていたいガマくんは・・・。 Frog and Toadシリーズ第2作目。

アーノルド・ロベル作「ふたりはいつも」。 がまくんとかえるくんの四季の様子が描かれた5編。 冬に始まり、クリスマスに終わります。 どうってことのない話ばかりですが、なんだか妙に読んでて楽しい♪ なんといっても文章が魅力。英語の面白さが味わえました。 CD付もあり。

ICR2
(Y1.5)

1722
Frog and Toad Together

★★★★★

Frog and Toad Together

朝、まだベッドから起き上がりもしないうちに、 「今日の予定」を紙に書き連ねるガマくん。 殊勝な心がけですが・・・。 Frog and Toadシリーズ第3作目。

アーノルド・ロベル作「ふたりはいっしょ」。 5話収録。 昔ベネッセの教材にあった「ハンナマンナさんの一日」という話を思い出しました。 リストに書き連ねた予定が全てオジャンになる話でしたが、 さて、ガマくんの予定達成率はいかに?! どうってことのない話なのに、なぜか面白い^^。 CD付もあり。

ICR2
(Y1.5)

1968
Days With Frog and Toad

★★★★★

Days With Frog and Toad

ガマくんの部屋は散らかり放題。 でも今日はのんびりして、掃除は明日やれば・・・。 Frog and Toadシリーズ第4作目。

アーノルド・ロベル作「ふたりはきょうも」。 なんて教育効果の高い本なんだ!! 短編が5編収録されていますが、最初の1編Tomorrowは、「心にすぐ効く」物語(?)。 何たって、読み終わってすぐ、わたしも部屋の片付け始めちゃいましたもん^^;。

ICR2
(Y1.5)

2074
Frog and Toad CD Audio Collection

★★★★★

Frog and Toad CD Audio Collection

作者アーノルド・ロベル自身によるFrog and Toadシリーズ4冊分(全20話)の朗読CD2枚組。 本は別売。

のほほーんとして、聴いているだけで可笑しい朗読です。 間合いの取り方が絶妙! 挿入された音楽とのコンビネーションがまた絶妙! 何度聴いても、そのまったりさ加減に笑ってしまう、わたしが大好きな大好きなCD。

----
(Y1.5)

8039
全4巻。総語数:8,039

アーノルド・ロベルは多作な作家で、「Frog and Toad」シリーズ以外にもたくさんの絵本を出しています。 以下にあげたのはそのうちの一部。現在手に入りやすいものを中心にピックアップしました。 中でも「Mouse Tales」と 「Small Pig」はかな〜り気に入って、 何度も読み返したり、CDで聞いたりしています。

本の内容レベル
語数
Mouse Tales

★★★★★

Mouse Tales

ねずみの父さんが、7匹の息子にしてあげたベッドタイム・ストーリー7編。 願い事の井戸にコインを投げ入れたら「痛い!」という声が・・・ほか。

アーノルド・ロベル作「とうさんおはなしして」。 オレンジとピンクで彩色されたイラスト、繰り返しの積み重ねから新展開が生まれる7編の物語、 著者の朗読による別売CDなど、 いずれをとっても秀逸。 こちらで試聴ができます。

ICR2
(Y1.4)

1501
Small Pig

★★★★★

Small Pig

もったりとした泥に沈み込んでまったりするのが何より好きなこぶた。 でもある日、お気に入りの泥だまりが、お掃除されちゃった・・・!

アーノルド・ロベル作「どろんここぶた」。 こぶたが泥の中でまったりしている様子が実に気持ちよさそう〜〜〜! 本気で自分も泥に浸かってみたくなりました。 クラシカルな町や車も素敵。 本編以下4冊分が収録されたCDもあり。

ICR2
(Y1.4)

796
Owl at Home

★★★★

Owl at Home

「今晩は『なみだのお茶』をわかそう」とふくろうは言いました。 はてさて、どうやって作るのでしょうか? 「なみだのお茶」以下5編を収録。

アーノルド・ロベル作「ふくろうくん」。 オレンジと黒の2色のみで描かれた絵がシック。 ふくろうの住む家は実にいごこちがよさそうで、絵を見ているだけで癒される一冊。 本編以下4冊分が収録されたCDもあり。

ICR2
(Y1.4)

1491
Mouse Soup

★★★

Mouse Soup

たいへん! ねずみくんはイタチおじさんに捕まっちゃった! このままねずみくんは、ハラペコなイタチおじさんに、スープにされちゃうのでしょうか。

アーノルド・ロベル作「おはなしばんざい」。 絵がかわいらしく、のほほんとしたムード。 ねずみくんが、千夜一夜物語のお姫様よろしく、イタチおじさんに話して聞かせるお話が4編収録されています。 著者の朗読による別売CDあり。 こちらで試聴ができます。

ICR2
(Y1.4)

1339
Uncle Elephant

★★★

Uncle Elephant

船に乗って出かけたまま、とうさんとかあさんは行方不明になり、帰ってこない。 そんなぼくを、年よりのおじさんが迎えにきた。

アーノルド・ロベル作「ぼくのおじさん」。 おじさんとの愉快な日々の中にも、さみしい「ぼく」気持ちが一人称の語り口に 現れていて、切なくなりました。 楽しいけれど、どこか静かな物語。 本編以下4冊分が収録されたCDもあり。

ICR2
(Y1.4)

1785
Grasshopper on the Road

★★★

Grasshopper on the Road

きりぎりすくんが道を歩いていくと、 次から次へと変わったこだわりを持つ虫たちに出会い・・・。

アーノルド・ロベル作「きりぎりすくん」。 人にまで自分の主張を押し付けてくる虫たちを飄々とかわすきりぎりすくんのマイペースぶりが素敵♪ 虫がたくさん出てきますが、挿絵がとても美しく、虫嫌いの私でも楽しく読めました。

ICR2
(Y1.4)

1980
 

初稿:2012年3月10日
最終更新日:2012年3月10日

<<<   index   >>>